2013年5月10日掲載

ユーザー事例

東京地下鉄 様 全社ファイルサーバの全面刷新をトータルにサポートし、首都東京の交通インフラを支える安定した事業基盤を構築。

慢性的な容量不足を解決し保守業務やコストも効率化する

全社ファイルサーバの全面刷新を決定した理由について、同社で情報システムの構築を担うシステム設計課 課長補佐の田守利光氏が説明します。

田守 利光氏の写真

「最大の理由は、容量不足の慢性化にありました。全社ファイルサーバの総容量は約10テラバイトで、それぞれの業務量をふまえて社内各部門に割り当てていましたが、常時割当量の90%以上を使用している部門が少なくありませんでした。容量オーバーによって業務がストップすることを避けるため、各部門に不要ファイルの削減を依頼することがなかば常態化していたのです」

こうした状況を改善するため、容量を大幅に増強するのはもちろん、さらに将来を見据えて拡張性を備えたファイルサーバとすることが大方針となりました。

「全社ファイルサーバの課題は、容量だけではありません」と語るのは、田守氏とともにサーバ刷新プロジェクトの推進役を担ったシステム設計課の七條加寿郎氏です。

「既存のサーバは、障害発生時の原因究明や問題の切り分けに時間を要するなど、保守業務の効率が問題視されていました。加えて、特殊なソフトウェアを使用しており、保守や運用にも特殊なノウハウが必要だったため、それにかかるコストも問題となっていました」

このため、新しい全社ファイルサーバは、使いやすい『Windows Server』を採用することで、作業とコストの両面から効率化を図ることとなりました。

こうした方針を受けて、2011年5月、田守氏、七條氏を中心とするシステム設計課をはじめ、実際の運用を担うシステム運用課、予算やスケジュールを担当するシステム計画課、さらには文書管理の主管部門である総務部も加えたプロジェクトチームを結成。詳細仕様やベンダ選定など具体的な検討に取りかかりました。

そして、日本ユニシスが同社への提案営業を開始したのは、まさにその検討がスタートした矢先のことでした。

ページの先頭に戻る