2013年5月10日掲載

ユーザー事例

東京地下鉄 様 全社ファイルサーバの全面刷新をトータルにサポートし、首都東京の交通インフラを支える安定した事業基盤を構築。

ICTのベストパートナーとしてさまざまな面からの継続的なサポートを期待

全社ファイルサーバの刷新が無事に終了した後、日本ユニシスは引き続きサーバの機能強化を担っています。現在、取り組んでいるのがモバイルデバイスへの対応です。

「当社では社内のペーパーレス化を進めるためにモバイルデバイスを導入し、社内での情報共有に活用しています。このモバイルデバイスから、ネットワークを通じて全社ファイルサーバにアクセスできる仕組みを構築することで、より良質な情報を素早く共有できるようになると期待しています」(七條氏)

また、今回のプロジェクトを通じた技術力や対応への評価から、日本ユニシスとともに新たな取り組みも始めています。

「今回の全社ファイルサーバの機能強化に続き、他の情報インフラの改善も進めていきたいと考えています。すでに、サーバの仮想化技術を活用してプライベートクラウドを構築し、各事業のサーバを集約するプロジェクトもスタートしています」(七條氏)

さらに田守氏は、こうしたシステム面の提案にとどまらず、より広範なサポートを期待しているといいます。

「ICTの世界は技術進化のサイクルが早いだけに、今後も新技術の導入による環境整備が不可欠だと考えていますが、当社においても関連業務を担ってきたベテラン社員の定年退社によって人材の空洞化が進んでいます。日本ユニシスさんには、そうした部分もサポートしていただき、良きパートナーとしてICT全般にわたって今後も親身な対応をお願いしたいと思います」(田守氏)

営業担当の声 より広い視野に立った有益な提案を続け、ICT分野の“全体最適化”に貢献していきます。

今回の全社ファイルサーバの全面刷新プロジェクトは、東京地下鉄様との初めての取り引きでした。そのため、「小さなミスも決して許されない」と従来以上に緊張感をもつ一方で、「変に背伸びすることなく、当社の技術力や提案を、ありのままに理解していただきたい」とも考えていました。こうした考えのもと、お客様社内のできるだけ多くの方々と対話することを心がけるとともに、プロジェクトの定例会をはじめ、常にお客様と一緒になって、利用者目線で考えながら各工程を進めてきました。

結果として、提案の初期段階からプロジェクトの完了に至るまで、お客様から高い評価をいただくことができました。なかでも、「お客様の立場で考え、実行すること」「お客様を待たせない、不安な気持ちにさせないこと」など、私たちが“当たり前”に取り組んできた姿勢が評価されたことは、今後の営業活動において大きな励みとなりました。

今回の案件を通じて築き上げた信頼やご期待を裏切ることなく、今後も東京地下鉄様のICT分野における“全体最適化”の実現に貢献できるよう、より広い視点に立って、有益な提案を続けていきたいと考えています。

飯塚 司の写真

飯塚 司
公共第一事業部
U-Cloud営業部
第一 グループマネージャー

ページの先頭に戻る