2015年1月30日掲載

ユーザー事例

日本ユニシス健康保険組合 日本ユニシスとのコラボレーションで社員の健康改善に貢献する「データヘルス計画」を推進。

健保組合と企業が一体となって社員の健康的な暮らしを支援

体組成計で測定している写真

日本ユニシス健康保険組合と日本ユニシスでは、今後、こうした意見・要望もふまえながら、新サービスの有効性や各ICTツールの使い勝手などを詳しく検証し、改善案を次年度以降の事業計画に盛り込んでいく予定です。

「今回は、実証期間が約半年間と短いこともあって、サービス導入によって参加者の健康指標が大きく改善されるまでには至っていませんが、今後、ツールやサービス内容に改善を加えながら1年、2年と継続していくことで、より明確な効果が現れるはずです。さらに、ICTを活用した健康改善サポートという新しい取り組みを実施することによって、サービスの対象者を含めた多くの加入者に日常的な健康管理の重要性を再認識してもらえるのではないかと期待しています」(大根田氏)

最後に井上氏はこう締めくくります。

「2015年度以降も、毎年PDCAサイクルを回しながら、この『健康改善支援サービス事業』をはじめとするデータヘルス計画を展開していく予定です。日本ユニシスには、現行のツールやサービスをユーザー視点から一層ブラッシュアップしていただくとともに、新規性のあるソリューションを積極的に提案していただければと期待しています。私たち健康保険組合は人的リソースも限られているので、単独で新しい事業を展開するには限界があります。その点、日本ユニシスは、社員の健康づくりに積極的に取り組んでいますので、今後、連携を一層密にしてさまざまなコラボヘルス事業を展開していけるはずです。これからも日本ユニシスのICTや先進的な技術・ノウハウに基づいた提案とサポートをいただきながら、加入者の健康的な暮らしを支援する効果的な保健事業を一緒に推進していきたいと考えています」

担当者の声 医療・ヘルスケア分野での技術・ノウハウを活かしてより使いやすく効果的なサービスの実現をめざします。

私たち社会基盤事業推進部では、異業種間での連携医療を可能にする「地域医療連携ネットワーク」や、大学・医療機関と自治体が連携して住民の医療・健康データを長期にわたり蓄積・分析する「大規模コホート事業」など、医療・ヘルスケア分野の高度化・効率化に貢献するさまざまなソリューションの提供に力を注いできました。

これら医療・ヘルスケア分野で培ってきたさまざまな技術・ノウハウを有効活用して、「データヘルス計画」を推進する日本ユニシス健康保険組合と共同で実用化したのが、この「健康改善支援サービス事業」です。新たな取り組みで試行的な側面もあり、さまざまなご意見、ご要望、アイデアなどをお寄せいただきました。今後、これらを参考にしながら改善策を提案し、より使いやすく効果的なサービスを実現していきたいと考えています。

日本ユニシスでは、これからも社会基盤事業を通じて確立してきたビッグデータ処理技術やプライバシー保護技術、さらにはウェアラブルデバイスなどの最先端ツールも有効に活用しながら、健康保険組合と一体となって取り組みを進めていきます。

市川 潤の写真

市川 潤
社会基盤事業推進部
EHRビジネス推進室

ページの先頭に戻る