ユーザー事例

2016年5月掲載

西日本旅客鉄道株式会社様

「指令記録配信システム」の構築で指令所での
オペレーション負荷軽減と各現場での迅速なダイヤ修復作業を実現。

イメージ写真

広域鉄道ネットワークを基盤に多様な領域で事業を展開

1987年、旧国鉄の分割民営化によって誕生した西日本旅客鉄道(JR西日本)様は、北陸・近畿・中国・九州北部地域の2府16県にわたる広いエリアで事業を展開しています。鉄道事業では、2015年3月に全線開業40周年を迎えた山陽新幹線、同じく3月に開業した北陸新幹線(金沢〜上越妙高間)、京阪神の都市圏を結ぶ「アーバンネットワーク」をはじめ、金沢、岡山、広島など各地で都市間輸送や通勤・通学輸送を担い、毎日約500万人の乗客に利用されています。

また、広域の鉄道ネットワークと1,200以上の駅を活用して、流通、不動産、ホテルなど、鉄道以外の領域でも事業の拡大を図っています。2015年4月には大阪駅の大規模商業施設「OSAKA STATION CITY」に新館「LUCUA 1100(ルクアイーレ)」がオープンし、国内最大級の駅型商業モールとして活況を呈しています。

さらに、沿線エリアでのリハビリデイサービス事業や、鉄道との相乗効果が高い駅直結型カーシェアリング事業といった生活関連サービスの拡充にも力を入れており、多角的な事業展開によって地域の活性化と価値向上に貢献しています。

「LUCUA 1100(ルクアイーレ)」の外観の写真

ページの先頭に戻る