Supported by Unisys

掲載日:2014年1月20日

東京ディズニーリゾート®

ゲストサービスに特化した「ドリームコンダクター」

「圧倒的なホスピタリティ」をめざして新たなキャストが登場

2013年4月、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに「ドリームコンダクター」が登場しました。ドリームコンダクターとは、ゲストサービスに特化したコンシェルジュ役のキャストです。パーク内の各エリアに数名が配備され、道案内はもちろん、イベントや新商品、あるいは1日の過ごし方など、よりパークを楽しむための情報をお伝えしています。

東京ディズニーリゾートが30周年を迎え、「圧倒的なホスピタリティの提供」がスローガンとして掲げられるなか、「これまで以上にゲストに密接なサービスを提供するにはどうしたら良いか」という考えから誕生したのがドリームコンダクターです。ほかのキャストや総合案内所もゲストサービスを提供していますが、そこには時間や場所の制約がともないます。例えば道案内をする場合には、地図を広げて説明するという方法をとらざるを得ません。その点、ドリームコンダクターはゲストサービスに専念しているため、目的地までお話しながら同行することが可能なのです。

情報共有を図りより質の高いサービスを

ドリームコンダクターは、アトラクションやゲストパーキングなどを担当する運営部キャストの中から選出され、決められた日はドリームコンダクターとして働き、それ以外は従来の役割で活動しています。職種やエリアの枠を越えてゲストサービスのみに専念できるという環境は、キャストのモチベーションやスキルの向上にも大きく影響しています。ゲストとのコミュニケーションの回数が増え、その幅が広がるだけでなく、従来の担当以外のエリアやアトラクションに関する知識も深めることができるからです。

さらに、終礼では必ずキャストが1日の出来事を話す場を設けて、多く寄せられた質問や喜んでいただいた対応などの情報を共有しています。こうした機会を通じて、各キャストはより質の高いサービスを提供しようという意識を高めており、ドリームコンダクターとしてはもちろん、従来の役割においてもホスピタリティ向上につながるという波及効果をもたらしています。

イメージ写真

イメージ写真

担当者からのコメント

花岡 幸子様の写真
株式会社オリエンタルランド
運営本部 運営部
パークゲストリレーショングループ
アシスタントマネージャー
花岡 幸子様

パークに遊びにこられた際は、ぜひ、ドリームコンダクターをご活用ください。いらっしゃった目的やしてみたいことなど、いろいろなお話を聞かせていただくことで、私たちもゲストに1日楽しんでいただけるよう知恵を絞ってご提案します。そして、ゲストの皆様が「キャストと対面することによって得られるハピネス」を、少しでも味わってくだされば幸いです。

(注)日本ユニシスは東京ディズニーランド/東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーです。©Disney ©Disney / Pixar

ページの先頭に戻る