Supported by Unisys

掲載日:2015年6月5日

東京ディズニーランド®

映画の世界観を再現した「アナとエルサのフローズンファンタジー」

フローズンファンタジー・グリーティング

東京ディズニーランドを彩った「アナと雪の女王」の世界観

世界中の人々を魅了したディズニー映画「アナと雪の女王」をテーマにした「アナとエルサのフローズンファンタジー」が東京ディズニーランドで1月13日から3月20日まで開催されました。今回のポイントは、アナやエルサに会って、ゲストも一緒に歌い、映画の世界観を体験できるようにすること。そのため、映画に出てくる氷のシャンデリアも再現したほか、パーク内には雪と氷の結晶をモチーフにしたデコレーションが施されました。

期間中は、「フローズンファンタジー・グリーティング」や「ワンス・アポン・ア・タイム〜スペシャルウィンターエディション〜」をはじめとしたエンターテイメントの他、さまざまなグッズやフードも登場。事前のPRで、フェイスブックやツイッターなどでも大きな反響を呼び、多くのゲストにご来園いただきました。

エルサやアナと一緒に「レット・イット・ゴー」を合唱

日中行われた「フローズンファンタジー・グリーティング」では、アナとエルサとオラフが登場。エルサの魔法で雪が降るなか、3人を乗せたフロートは約45分間のグリーティング中、途中で何度か止まりながら「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」を披露し、それに合わせてゲストも一緒に歌っていました。

また、シンデレラ城を舞台に、数々のディズニー映画の名シーンをプロジェクションマッピングで映し出す「ワンス・アポン・ア・タイム」も、一部内容を変更。誰もが一度は耳にした「Let It Go」や「First Time in Forever」などの名曲を採り入れたスペシャルエディションを期間を延長して現在も公演しています。

数々の話題とともに好評を博した「アナとエルサのフローズンファンタジー」。次の冬も、さらにゲストに喜ばれる内容で第2弾が開催される予定です。

イメージ写真ワンス・アポン・ア・タイム
〜スペシャルウィンターエディション〜

イメージ写真映画で声優を務めた松たか子さんや
主題歌を歌ったMay J.さんらも
サプライズで登場

担当者からのコメント

山村 理恵様の写真
株式会社オリエンタルランド
リゾートクリエイト部
イベントグループ マネージャー
山村 理恵様

お子様連れのファミリーをはじめ、さまざまな世代のゲストにお越しいただき、本当にたくさんの方々から「アナやエルサに会えて嬉しかった!」と喜んでいただきました。
衣装にもこだわってアナやエルサと一緒に踊ったり、歌ったりするお子様たちの姿が印象的でした。また、初日に松たか子さんらが登場したサプライズも大変好評でした。
「ワンス・アポン・ア・タイム〜スペシャルエディション〜」は7月7日まで期間を延長して開催しています。ぜひ、ご来園ください。

(注)日本ユニシスは東京ディズニーランド/東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーです。©Disney

ページの先頭に戻る