JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果

「日本ランキングサーキット大会2017」 混合ダブルス金子祐樹・中西貴映組 優勝!

2017年5月27日-5月31日開催
2017年5月27日~31日、埼玉県さいたま市にて「2017年日本ランキングサーキット大会」が開催され、混合ダブルスに出場した金子祐樹が早稲田大学の中西貴映とのペアで見事初優勝を飾りました。

金子・中西組は1回戦を勝つと、岡村洋輝・篠谷菜留組とのユニシス対決。岡村・篠谷組が第1ゲームを先取しますが、続く2、3ゲームを金子・中西組が連取して逆転勝ち。そのまま、決勝まで勝ち上がると実績のある米元兄妹組を17本、17本のストレートで破り優勝を決めました。

男子シングルスには上田拓馬、坂井一将、小野寺裕介、渡邉航貴の4人が出場。上田は初戦1ゲームを失いますが、次第に安定したプレーを取り戻して勝ち抜くと、1回戦で大学生を破って上がってきたルーキーの渡邉に貫禄のストレート勝ち。3回戦で日立の丸尾選手、準決勝では高校に進学したばかりの若い奈良岡選手に、それぞれ苦戦しながらもファイナルゲームの末勝利。決勝はNTT東日本の桃田選手との対戦。1ゲームずつを取り合ったファイナルゲームはシーソーゲームの接戦で長い試合となりますが、最後で逃げ切られ惜しくも準優勝に終わりました。

女子ダブルスの篠谷菜留・星千智組は、順調に勝ち上がり、3回戦で昨年優勝の櫻本・高畑組(ヨネックス)、準決勝で松田・荒木組(岐阜トリッキーパンダース)に勝利し、1ゲームも落とさないまま決勝へ進出。しかし、ここでは第1シードの永原・松本組(北都銀行)の高さの前にストレートで敗れ準優勝となりました。

男子ダブルスに第1シードで出場した井上拓斗・金子祐樹組も実力を発揮して3回戦までストレートで順調に勝ち上がりますが、準決勝でNTT東日本の古賀・齋藤組にファイナルゲームの末に敗れて第3位となりました。
中西貴映・金子祐樹
中西貴映・金子祐樹
上田拓馬
上田拓馬
星千智・篠谷菜留
星千智・篠谷菜留
【優勝選手コメント】
金子 祐樹
「今回ミックスダブルスで優勝することができて嬉しいのと同時に、ここまで来れたことに自分でも驚いています。試合を重ねるごとにコンビネーションが良くなっていき、決勝では一番良いプレーをすることが出来ました。今回得た経験や反省を活かして、7月の全日本実業団大会で優勝できるように頑張ります。応援ありがとうございました。」

試合結果

混合ダブルス 金子 祐樹
中西 貴映(早稲田大学)
優勝
岡村 洋輝
篠谷 菜留
2回戦敗退
男子ダブルス 金子 祐樹
井上 拓斗
第3位
岡村 洋輝
小野寺 雅之(早稲田大学)
1回戦敗退
男子シングルス 上田 拓馬 準優勝
小野寺 裕介 ベスト8
坂井 一将 2回戦敗退
渡邉 航貴 2回戦敗退
女子ダブルス 篠谷 菜留
星 千智
準優勝
女子シングルス 海老原 詩織 1回戦敗退

関連リンク

TOP