JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果

「オーストラリアオープン2017」 女子ダブルス高橋・松友組、女子シングルス奥原希望 優勝!

2017年6月20日-6月25日開催
2017年6月20日~25日、オーストラリア、シドニー市にて「オーストラリアオープン2017(SS)」が開催され、女子ダブルスの髙橋礼華・松友美佐紀が決勝でデンマークペアを圧倒してスーパーシリーズ8度目の優勝、女子シングルスの奥原希望は昨年3月の全英以来となるスーパーシリーズ優勝を達成しました。

第1シードで2回戦から登場した女子ダブルスの髙橋・松友組は初戦で香港ペア(世界38位)に勝利。3回戦では北都銀行の田中・米元組と対戦し、第2ゲームを奪われますが、ファイナルゲームは立ち上がりから一度もリードを許さずに粘る相手を振り切って勝利。
準決勝に進むと、先のスディルマンカップ準決勝で苦杯をなめた中国のCHEN/JIA組(4位)が相手。昨年から3連敗している相手ですが、前に出てくる相手を奥へと押し返す配球でペースをつかませず、接戦に持ち込むと16-17から5連続ポイントでゲームを先取。第2ゲームも相手に攻撃の形を作らせず、2度の7連続ポイントなどで圧倒し11本に抑えて雪辱を果たします。
迎えた決勝はまたもデンマークのPEDERSEN/RYTTER-JUHL組(2位)との対戦。第1シードと第2シードの戦いですが、今回はタカ マツペアが圧倒。2ゲームとも最初の1ポイント以外、相手にリードを許さない展開で10本、13本のストレート勝ち。スーパーシリーズは昨年10月のデンマークオープン以来の優勝。8月の世界選手権前では最後となるスーパーシリーズを勝利で飾りました。

女子シングルスの奥原希望は(12位)は1回戦でいきなり、リオ五輪金のMARIN(スペイン、2位)と対戦。第1ゲーム中盤から4連続ポイントでリードを奪うとさらに差を広げて12本で先取。第2ゲームも激しい競り合いに耐え抜き17-18の勝負所で3連続ポイントを奪い、逃げ切って幸先良い勝利。
2回戦でも三谷選手(NTT東日本)を12本、10本で圧倒して3回戦に進みます。一方、ひざの故障から着実な復帰を見せ、昨年のヨネックス・オープン・ジャパン以来のスーパーシリーズ出場となった髙橋沙也加(50位)も1回戦、2回戦を勝ち進み、3回戦は髙橋と奥原の対戦となりました。
第1ゲームは中盤まで競り合いますが、この大会安定したプレーを見せる奥原が次第に差を広げると最後は6連続ポイントで先取。第2ゲームは力強さを見せた髙橋が11-6とリード。しかしインターバル明けにサイドを狙ったショットが2本続けてわ ずかにアウトとなり、流れをつかみきれないでいると奥原が反撃。4連続ポイントなどで追い上げ、ジュースにもつれ込んだ末に23-21で勝利し、ベスト4に進みました。
準決勝はジュニア時代からのライバルSUN(中国、6位)と対戦。長身からの攻撃に固いレシーブで対抗し、1ゲームずつを取り合ってファイナルゲームへ。中盤から奥原が引き離しにかかると、相手は根負けしたようにミスが増え始め、終盤は奥原が5連続ポイントをあげ14本で勝利。
決勝の相手は、もう一つの準決勝で世界1位のTAI(中華台北)を降した山口選手(再春館製薬所、4位)。15年9月のヨネックス・オープン・ジャパン以来となる二人の顔合わせでのスーパーシリーズ決勝は、奥原が第1ゲームを先取。第2ゲームも中盤で大きくリードしますが、追いつかれ、2回のマッチポイントも決められずに逆転されて失います。ファイナルゲームは先行する奥原に、山口選手が何度も追いつく展開となりますが、終始落ち着いたプレーを見せた奥原が17オールから4連続ポイントで振り切ってスーパーシリーズ4度目の優勝を決めました。
沢山のご声援ありがとうございました。

また、7月5日~9日、秋田県秋田市で全日本実業団大会が開催されます。チーム一丸となって優勝目指しますので、引き続き応援よろしくお願い致します。
松友美佐紀・高橋礼華組
松友美佐紀・高橋礼華組
奥原希望
奥原希望
【優勝選手コメント】

高橋 礼華
「今年初のSSを優勝を果たすことができ、嬉しく思います。この大会では自分たちの良いプレーを出すことができました。次は全日本実業団大会でチーム一丸となって優勝できるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします。」

松友 美佐紀
「今回、オーストラリアオープンで優勝することができました。沢山の声援を送っていただき、とても嬉しかったです。ありがとうございました。今後もさらに進化していけるように頑張っていきますので、応援よろしくお願い致します。」

奥原 希望
「復活優勝出来てほっとしています。やっと勝負出来るスタートラインに立てたかな、という感じです。この後は世界選手権、その前に全日本実業団大会があります。1試合ずつ私らしさを忘れずに頑張りたいと思います!応援ありがとうございました。」

試合結果

女子シングルス 奥原 希望 優勝
高橋 沙也加 ベスト8
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
優勝
栗原 文音
東野 有紗
2回戦敗退
男子ダブルス 井上 拓斗
金子 祐樹
ベスト8
遠藤 大由
渡邉 勇大
2回戦敗退
男子シングルス 上田 拓馬 1回戦敗退
坂井 一将 予選敗退
 
混合ダブルス
 
小林 優吾(トナミ運輸)
松友 美佐紀
ベスト8
数野 健太
栗原 文音
2回戦敗退
渡辺 勇大
東野 有紗
1回戦敗退 

関連リンク

TOP