JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果

「インドネシアマスターズ2018」 女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組 優勝!

2018年1月23日-1月28日開催
2018年1月23日~28日、インドネシア、ジャカルタ市にて「インドネシアマスターズ2018(World Tour Super500)」が開催され、女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組が優勝、男子シングルスの坂井一将が準優勝となりました。

高橋・松友組(第2シード、世界2位)は1回戦の中国ペア、2回戦の中華台北ペアをストレートで降し3回戦へ。ここでは韓国のJUNG/CHANG組と対戦。昨年11月にSSF出場が懸かった香港SSの1回戦で敗れた相手です。今回は序盤から何度も連続ポイントを重ねて14本で第1ゲームを取ると、第2ゲームも寄せ付けず8本で快勝。
続く準決勝では宿敵デンマークのPEDERSEN/JUHL組(3位)が相手。第1ゲームは中盤リードされながら終盤追いつきデュースに持ち込みますが23-25で奪われます。それでも第2ゲーム中盤から流れをつかんで15本で取ると、ファイナルゲームも競り合ったまま14ー14になったところから連続ポイントで抜け出し16本で勝利。
決勝では地元インドネシアのPOLII/RAHAYU組(11位)相手に序盤から着実にポイントを重ね、反撃を抑えて17本で先制すると、第2ゲームも中盤から一気に差を開いて12本で勝利。昨年9月のJAPANオープン以来となる国際大会の優勝を飾りました。

男子シングルスの坂井(21位)は1回戦でインドのVERMA(30位)と1ゲームずつを取り合った後ファイナルゲームは中盤から8連続、5連続とポイントをたたみかけて勝利し、2回戦で世界1位のAXELSENに挑みます。すると第1ゲーム激しい競り合いの末、先にゲームカウントをつかみデュースの末に22-20で奪取。第2ゲームも坂井が11-7とリードしてインターバルを迎えたところで相手が左足首の傷みを訴えて棄権。世界1位を破って進出した3回戦ではGEMKE(デンマーク、43位)に9本、18本のストレート勝ち。
準決勝に進むと韓国のSON(第5シード、4位)と対戦。第1ゲームを18本で取ると、第2ゲームも13-17から7連続ポイントで逆転してマッチポイントを握りますが、ここは再逆転され20-22で失います。ファイナルゲームは共に連続ポイントでリードを奪い合いますが、11-11から突き放して15本で勝利。
昨年6月のインドネシアSSP以来となる決勝に進出し、初優勝の期待がかかりましたが、地元のGINTING(13位)に流れをつかまれ13本、12本のストレートで敗戦。2年連続の準優勝となりました。
応援ありがとうございました。
高橋礼華・松友美佐紀
高橋礼華・松友美佐紀
 【優勝コメント】
高橋 礼華
「今年初の国際大会で優勝することができ、とても嬉しく思います。インドネシアマスターズの期間中はS/Jリーグで残りのメンバーが勝利してくれたので、自分たちも勝ちたいという気持ちで挑みました。今年は昨年とは違う自分たちで戦えたらいいなと思います。次はS/Jリーグ最終戦に向けてチーム一丸となって頑張ります。応援ありがとうございました。」
松友 美佐紀
「久しぶりに最後まで試合をすることができ、また優勝することができて嬉しく思います。大会を通して、現地の会場でも多くの方が声援を送ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。とても心強かったです!引き続き、成長していけるよう頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。」

試合結果

女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
優勝
男子シングルス 坂井 一将 準優勝
女子シングルス 奥原 希望 ベスト8
男子ダブルス 遠藤 大由
渡辺 勇大
1回戦敗退
井上 拓斗
金子 祐樹
1回戦敗退
 
混合ダブルス
 
渡辺 勇大
東野 有紗
1回戦敗退

関連リンク

TOP