JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果

「ドイツオープン2018」 男子ダブルス井上拓斗・金子祐樹組 優勝!

2018年3月6日-3月11日開催
2018年3月6日~11日、ドイツ、ミュルハイムにて「ドイツオープン2018(World Tour Super300)」が開催され、男子ダブルスの井上拓斗・金子祐樹組が優勝を果たしました。

男子ダブルスには井上・金子組(世界11位)は1回戦でオランダペア、2回戦で中国の若手ペアをそれぞれストレートで降し、3回戦ではトリッキーパンダースに所属するLIAOがSUと組む中華台北ペア(17位)と対戦。昨年10月のオランダオープン決勝で敗れた相手ですが、今回は粘る相手を2ゲームとも終盤に振り切っていずれも19本で勝利し、準決勝へ。相手は1回戦で遠藤・渡辺組を降したGOH/TAN組。試合は立ち上がりから互いに激しい動きで競り合いとなりますが、ユニシスペアはよくシャトルを散らして相手の攻撃を封じ、終始リードを奪って17本で先取。第2ゲームも中盤までリードしますが、ミスが続いて逆転されて失います。ファイナルゲームは序盤リードを許しますが、しっかりとついて行き、堅いレシーブで相手のミスを誘うと中盤で一気に逆転。終盤の追い上げもしのぎ切って19本で勝利。
迎えた決勝の相手はインドネシアのALFIAN/ARDIANTO組(12位)。1月のマレーシアマスターズで優勝し上り調子の相手との戦いは、互いに速いタッチの攻防で競り合いが続きますが、集中力を持続させ16ー16から5連続ポイントでゲームを先取。第2ゲームは序盤リードを許しますが、じわじわと追い上げて15-14と逆転すると、そのまま振り切って18本でストレート勝ち。昨年までのグランプリ・ゴールドレベルに当たる大会では昨年7月のUSオープン以来2度目の優勝ですが、今回はその時よりも強敵を破っての栄冠となりました。

また女子シングルスには奥原希望(7位)が出場。1回戦のCHEUNG(香港、24位)、2回戦のGAO(中国、36位)にはいずれも第1ゲームをデュースの末に奪われますが、第2ゲームから立ち直ってファイナルの末の勝利。3回戦では日本の川上選手(北都銀行)と対戦し、ここでも第1ゲームを18本で失う苦しい展開となり、第2ゲームも15ー15と粘られますが、4連続ポイントで突き放して1ゲームオール。ファイナルゲームでは第2ゲーム終盤の勢いを継続して、5-4から8連続ポイントを挙げてそのまま逃げ切り11本で勝利してベスト4入り。
準決勝はまたも日本の山口選手(再春館製薬所)が相手。前半10-5とリードしますが、中盤に連続ポイントで逆転を許し、一度は再逆転したもののデュースの末21-23で奪われます。第2ゲームは前半に7連続ポイントを許し、その差を詰め切れずに12本でストレート負け。
それでも昨年の故障から着実に復調し、今大会は手応えをつかんだ大会となりました。

今週は全英オープンが行われています。
こちらも応援よろしくお願い致します。
井上拓斗・金子祐樹
井上拓斗・金子祐樹
 【優勝コメント】
井上 拓斗
「紙一重の戦いが多い中勝ち抜けた事は自信にもなりました。このグレードの大会では二勝目で嬉しく思います。初出場の全英オープンも頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします。」
金子 祐樹
「ドイツオープンで優勝できてとても嬉しいです。このレベルの大会での優勝は二度目ですが、前回優勝した時よりも強豪選手が出場していたので価値のある優勝だと思っています。また試合を通して課題はもちろん、新しい発見や手応えもあり、今後成長していくためにも良いきっかけになる大会になりました。応援ありがとうございました。」

試合結果

男子ダブルス 井上 拓斗
金子 祐樹
優勝
遠藤 大由
渡辺 勇大
1回戦敗退
 
混合ダブルス
 
渡辺 勇大
東野 有紗
2回戦敗退
女子シングルス 奥原 希望 第3位

関連リンク

TOP