JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果

「BADMINTON S/J LEAGUE 2017」男子チーム惜しくも準優勝

2017年11月4日-2018年2月4日開催
2017年11月4日熊本で開幕「BADMINTON S/J LEAGUE 2017」は2018年2月4日墨田区総合体育館において最終戦が行われ、日本ユニシス男子チームは全勝中のトナミ運輸との対戦に勝利したものの、マッチ率でおよばず準優勝となりました。
また、首位で最終戦を迎えた女子チームは再春館製薬所との戦いに勝利し、優勝しました。

また、最高殊勲選手賞に、出場試合すべてに勝利した高橋沙也加、殊勲選手賞に遠藤大由・渡辺勇大組、栗原文音・篠谷菜留組、新人賞には内定者の五十嵐優、中西貴映が選ばれました。

大会期間中応援いただきました皆様、ありがとうございました。
日本ユニシス実業団バドミントン部
日本ユニシス実業団バドミントン部
【試合日程】
試合形式:2複1単(ダブルス2試合 + シングルス1試合)の団体戦
第1戦 11/5(日) VS 金沢学院クラブ     熊本県熊本市 〇 3-0
第2戦 12/23(土) VS NTT東日本 福島県福島市 × 1-2
第3戦 1/14(日) VS トリッキーパンダース 埼玉県戸田市 〇 3-0
第4戦 1/21(日) VS JR北海道 鳥取県米子市 〇 2-1
第5戦 1/28(日) VS 日立情報通信エンジニアリング 沖縄県那覇市 〇 2-1
第6戦 2/3(土) VS 三菱自動車京都 東京都墨田区 〇 2-1
第7戦 2/4(日) VS トナミ運輸 東京都墨田区 〇 2-1

【試合レポート】
【最終戦:2月4日 VS トナミ運輸】
第1ダブルスの遠藤・渡辺組は立ち上がりから一気にリード。相手も前に出てきますが、低いラリーにスピード負けせずにリードを守りゲームを先取。第2ゲームも勢いは止まらず、二人が良く動いてコートをカバーし、追い上げを許さず、終始圧倒して快勝しました。
     

続くシングルスでは過去2週ダブルスで勝利をあげた上田拓馬が出場。互いにリードを奪い合う立ち上がりから、中盤相手の巧みなヘアピンなどで連続ポイントを奪われ、追い上げも実らず第1ゲームを失います。第2ゲームは積極的な強打で立ち上がりリードを奪いますが、相手も強打で追い上げ、中盤に逆転されると、後半は差を広げられストレートで敗れました。
     

チームの勝利が懸かった第2ダブルスは井上・金子組が登場。第1ゲーム先手を取られてリードを許しますが、ここから立て直して連続でポイントを挙げて逆転し、そのまま押し切ってゲームを先取。第2ゲームも勢いに乗って立ち上がりからリードを奪うと、守備も安定して着実にリードを広げて快勝しました。
     

【第6戦:2月3日 VS 三菱自動車京都】
第1ダブルスは遠藤大由・渡辺勇大組。序盤ポイントを挙げてリードすると素早い詰めでリードを守り先取。第2ゲームも序盤から着実にリードを広げストレートで勝利しました。
     

続くシングルスには過去2週ダブルスで出場したルーキー渡邉航貴が初めてシングルスで出場。立ち上がりリードするものの勝たなければならな
いプレッシャーからか、決めにいってのミスが目立ち第1ゲームを失うと、第2ゲームもコントロールに苦しんで流れを失い、敗戦しました。
     

最後の第2ダブルスは井上拓斗・金子祐樹組が安定したプレーで圧勝。
チームの勝利で1敗を守ったものの、最終戦に勝って1敗で並んだとしてもマッチ率が届かないため、優勝の望みはなくなりました。
     

【第5戦:1月28日 VS 日立情報通信エンジニアリング】

前週に続き、今週もナショナルA代表不在のため苦心のオーダーで臨みます。
第1ダブルスは二人のルーキー岡村洋輝と渡邉航貴組が登場。第1ゲーム中盤で連続ポイントを奪い、相手の反撃を抑えて先取。第2ゲームはリードを許し、追い上げたものの失います。ファイナルゲームは前半リードするものの、中盤に追い上げられて逆転を許し、振り切られて惜しくも敗れました。
     

続くシングルスは3週連続で内定選手の五十嵐優が出場。第1ゲームは終盤連続ポイントを挙げて先取。第2ゲームを奪われファイナルゲームへ。チームの勝利のため負けられない五十嵐は序盤大きくリードします。相手も粘って追いつかれますが、最後の力を振り絞って、チームの勝利を第2ダブルスに託します。
     

第2ダブルスは数野健太と上田拓馬のベテランペアが登場。競り合いの第1ゲームを先取。第2ゲームは失ったものの、ファイナルゲームは前半から強烈なショットでリードを奪うと、後半も連続ポイントなどで引き離し見事勝利しました。
     

【第4戦:1月21日 VS JR北海道】
ナショナルAメンバーが海外遠征で不在のため、残りのメンバーでの厳しい戦いとなりました。
第1ダブルスは数野健太とルーキー渡邉航貴ペア。どちらも今リーグ初めての出場。第1ゲームを競り合いの末失うと、第2ゲームはリードを広げられストレートで敗れました。
     

続くシングルスは前週デビューを果たした五十嵐優。確実に相手を降しストレートで勝利。チームに流れを引き戻します。
     

勝負のかかった第2ダブルスはベテランシングルスプレイヤーの上田拓馬が岡村洋輝と組んで出場。上田は日本リーグ、S/Jリーグではダブルス初出場。相手はなんと岡村の2人の兄の兄弟ペア。コート上4人のうち3人が兄弟という珍しい対戦の結果は、ストレートでの勝利となりました。
     


【第3戦:1月14日 VS トリッキーパンダース】
第1ダブルス遠藤大由・渡辺勇大組は、早い展開からリードするも、中盤で逆転されますが、慌てずに立て直し再逆転からそのまま押し切り先取。第2ゲームも序盤でリードすると反撃を許さず勝利。
     

シングルスには内定選手の五十嵐優がリーグ戦に初登場。立ち上がりリードされますが、すぐに追いつくと、正確なコントロールと固いレシーブでゲームを奪取。第2ゲームは、中盤の接戦から強気のスマッシュでリードし、粘る相手をかわしてデビュー戦を白星で飾るとともに、チームの勝利を決めました。
     

第2ダブルスは井上拓斗・金子祐樹組。序盤点の取り合いから一歩先行してインターバル。終盤に集中力を発揮し突き放して先取。第2ゲームも競り合ったもののリードを奪うと流れを逃がさず、終盤は二人のペースとなり勝利をつかみました。
     


【第2戦:12月23日 VS NTT東日本】
第1ダブルスは遠藤大由・渡辺勇大組が登場。幸先よくリードし、そのままリードを保って先取。第2ゲームもリードを保ち、粘る相手の反撃をしのいで勝利しました。
     

シングルスはベテラン上田拓馬。テンポよくリードしますが、逆転を許すとそのままゲームを失います。第2ゲームも中盤からリードを許し、後半粘ったものの敗戦となりました。
     

勝負は第2ダブルスの井上拓斗・金子祐樹組ヘ。第1ゲームは立ち上がりからリードし、先取。第2ゲームは先行を許したまま失い、ファイナルゲームへ。序盤から激しい競り合いでリードが何度も入れ替わり、デュースとなりますが惜しくも敗れました。
     


【第1戦:11月5日 VS 金沢学院クラブ】
第1ダブルスには今年国際試合でも実績を積み上げてきた井上拓斗・金子祐樹組が登場。エースダブルスを相手に立ち上がりからリード、後半は金子の強力なスマッシュが決まり先取。第2ゲームは井上が前衛で軽快なさばきを見せ、着実にリードを広げて快勝しました。
     

シングルスは昨年のリーグで5勝無敗の坂井一将が登場。立ち上がりから強烈なスマッシュを連発してリードを奪い、ペースを上げて差を広げ先取。第2ゲームは競り合いとなるも勝利しました。チームの勝利も決定しました。
     

第2ダブルスにはリーグ初登場ルーキー岡村洋輝とキャプテン遠藤大由ペア。立ち上がり岡村にやや硬さが見えたものの、遠藤に引っ張られるように強打を決めリードで折り返し。後半、岡村に後ろから打たせる場面が多く、最後も岡村のスマッシュが決まり先取。第2ゲームは競り合いのまま後半に入りますが、終盤で突き放し最後を遠藤のスマッシュで締めて勝利。
     

3-0で1ゲームも落とさずに勝ち切り、順調なスタートとなりました。引き続き熱い声援をお願いいたします。

【対戦結果】
第7戦 日本ユニシス 2-1 トナミ運輸
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
2 21-13
21-11
0 園田 啓悟
嘉村 健士
上田 拓馬 0 14-21
14-21
2 武下 利一
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 21-18
21-13
0 保木 卓朗
小林 優吾
第6戦 日本ユニシス 2-1 三菱自動車京都
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
2 21-16
21-9
0 吉川 改
内田 裕太郎
渡邉 航貴 0 15-21
7-21
2 常塚 光
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 21-12
21-8
0 大狩 光貴
相馬 匠
第5戦 日本ユニシス 2-1 日立情報通信
エンジニアリング 
第1複 岡村 洋輝
渡邉 航貴
1 21-17
18-21
19-21
2 竹内 義憲
松居 圭一郎
五十嵐 優 2 21-16
17-21
21-19
1 丸尾 亮太郎
第2複 数野 健太
上田 拓馬
2 21-19
14-21
21-11
1 塚本 好喜
高野 将斗
第4戦 日本ユニシス 2-1 JR北海道
第1複 数野 健太
渡邉 航貴
0 18-21
14-21
2 牧野 公亮
東野 圭悟
五十嵐 優 2 21-15
21-18
0 塚本 光希
第2複 上田 拓馬
岡村 洋輝
2 21-15
21-18
0 岡村 和輝
岡村 尚輝
第3戦 日本ユニシス 3-0 トリッキーパンダース
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
2 21-18
21-8
0 井谷 和弥
リャオ・ミン・チュン
五十嵐優 2 21-15
21-19
0 福田 春樹
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 21-14
21-11
0 高階 知也
米田 健司
第2戦 日本ユニシス 1-2 NTT東日本
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
2 21-11
21-19
0 星野 翔平
西川 裕次郎
上田 拓馬 0 11-21
13-21
2 桃田 賢斗
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
1 21-18
16-21
21-23
2 齋藤 太一
古賀 輝
第1戦 日本ユニシス 3-0 金沢学院クラブ
第1複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 21-11
21-12
0 伊東 克範
小林 晃
坂井 一将 2 21-11
21-13
0 宮本 樹希
第2複 遠藤 大由
岡村 洋輝
2 21-12
21-18
0 荒井 大輝
吉森 司


関連リンク

TOP