JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

バドミントンのルール解説

1. 21点3ゲームで2ゲーム先取のラリーポイント方式。

2. 20-20になった場合、2点差がつくか、30点を先に取ったほうが勝ちとなる。

3. 一方のポイントが11点になった時に1分間を越えない休憩時間を設ける。

4. ゲーム間は2分間を越えない休憩を設ける。

5. サービスは1回ずつ。

- ダブルスの範囲
- サービスについて
・サービス側がラリーに勝った場合、同一サーバーが左右を変えてサービスを行う。
・レシーバーがラリーに勝った場合は、レシーバー側が次のサービスを行うが、自分たちの得点が偶数なら右から、 奇数なら左から、その位置*にいるプレーヤーがサービスを行う。
*その位置とは、その直前のラリーのサービスを受けた位置のこと。
・セカンドサービスはなし。
・見方を変えると、サービスで得点した場合は左右を交替し、サービスが戻ってきた時には前回と異なるプレーヤーが サービスを行うことになる。
・サービスしたシャトルがオレンジ色の領域からはみ出た場合はアウトとする。
TOP