JP/EN

 

Foresight in sight

CSR(企業の社会的責任)

CSR情報開示の考え方

CSRに関する情報開示は、GRI 「サステナビリティリポーティングガイドライン」および社会的責任に関する国際ガイダンス「ISO26000」をガイドラインに、Webサイトにて行っています。Webサイトは、視力の弱い方、目の疲れやすい方にも快適にご利用いただけるよう「音声読み上げ機能」を提供しています。
また、Webサイトにて開示した内容を年次報告としてまとめ、ダウンロード可能なPDF版でWebサイト内のレポートライブラリに掲載しています。
さらに、多岐にわたるCSRの取り組みのなかから、とくに当社グループの企業価値向上を支える基盤として重要性が高いと考える事項については、冊子にて発行の「統合報告書」に掲載しています。

参考にしたガイドライン

  • GRI「サステナビリティリポーティングガイドライン 第4.0版」
  • 社会的責任に関する国際ガイダンス「ISO26000/JIS Z 26000」

財務・非財務情報開示のツール

Webサイトや冊子での情報開示イメージ図

報告対象範囲

原則的に、日本ユニシス株式会社および連結子会社(以下、日本ユニシスグループ)とし、範囲が異なる場合は、個々にその旨を明記しています。

報告対象期間

原則的に、2015年度(2015年4月1日〜2016年3月31日)とし、必要に応じて過年度の活動や2016年度以降の状況についても掲載しています。