JP/EN

 

Foresight in sight

日本ユニシスグループ CSR(企業の社会的責任)

お知らせ

産休・育休復職者を対象としたワークショップを開催

2015年3月5日(木)日本ユニシス本社にて、ダイバーシティ推進の一環として、育児中の女性社員が今後のキャリア形成について考えるワークショップを開催し育児休業中および復帰後のグループ社員37名が参加しました。
ワークショップ
グループディスカッション
はじめに代表取締役CSR委員長の龍野から、社会動向と日本ユニシスグループの女性活躍支援について説明のあと、講演では育休後コンサルタントの山口理栄氏に「仕事と育児を両立するための心構え」をテーマに、システム開発の現場でリーダー職として従事した経験をはじめ、「育児休職制度の課題」や「育休後のキャリア形成の考え方」などについてお話いただきました。パネルディスカッション、グループディスカッションでは活発な議論が行われ、「直属上司の理解」や「復帰後の心構え」など、職場復帰後に直面すると思われる問題に関する理解を深めました。

開催概要

開催日 2015年3月5日(木)
会場 日本ユニシス本社(東京)
参加者 産休、育休中の社員 育休復帰後1年以内の社員
内容
  1. 制度についての説明 代表取締役 龍野 隆二
  2. 講演 育休後コンサルタント、山口理栄氏
    テーマ:「仕事と育児を両立するための心構え」
  3. パネルディスカッション
    山口理栄氏と先輩社員による、自身の体験談
  4. グループディスカッション
    参加者と先輩社員によるキャリア等についての意見交換
TOP