JP/EN

 

Foresight in sight

日本ユニシスグループ CSR(企業の社会的責任)

【お知らせ】豊洲フェスタに協力。ICTを使ったアトラクションを通じ、地域の方々と交流

2017年11月16日
日本ユニシスグループは、地域貢献の一環として、10月21日・22日の2日間にわたり、豊洲文化センターで行われた「第24回豊洲フェスタ」に参加しました。

豊洲フェスタは、公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団が、豊洲地域の企業や団体と地域の方々との交流のために毎年秋に開催しているイベントで、当社グループは今回で13回目の参加となります。

今年の豊洲フェスタには、近隣から20の企業と団体が参加しました。台風の影響で雨の中の開催となりましたが、模擬店や展示をはじめ、体験教室やライブなど、さまざまな催しが行われました。

当社グループは、「未来を創る子供をつくろう」という主旨で、ロボットの「Sota(ソータ)」とARアプリの「タメスコ」を組み合わせた『ロボットと遊ぼう』というアトラクションを提供しました。
2日間でのべ約500名の方がブースに立ち寄り、お子様を中心に約250名の方にアトラクションを体験いただきました。
コミュニケーションロボットの「Sota」が写真を撮影
コミュニケーションロボットの「Sota」が写真を撮影。その場で笑顔度を判定します。
判定した笑顔度ごとの限定フォトフレームで現像した写真を参加者にプレゼント
判定した笑顔度ごとの限定フォトフレームで現像した写真を参加者にプレゼント
写真をARアプリ「タメスコ」にかざすと、笑顔度に応じて「Sota」からの限定動画がスマートフォンで楽しめます
写真をARアプリ「タメスコ」にかざすと、笑顔度に応じて「Sota」からの限定動画がスマートフォンで楽しめます。