JP/EN

 

Foresight in sight

用語集

XML

eXtensible Markup Language
拡張可能なマークアップ言語
現在インターネットで多数用いられているHTML(Hyper Text MarkupLanguage)もマークアップ言語の一種
HTMLでは、データの所在を指す(マークアップ)タグには表示用に特化した固定タグが用いられるので、このタグ情報を個別のデータ処理に使用するのは難しい
XMLでは、利用者が自由にタグを定義することができ、任意に定義できるタグ構造によって文書中の文字列に意味付けが行えるため、データ処理プログラムで個別の情報処理を行える
さらに、表示系、印刷系についてはタグを省略できる言語仕様(XSL:Extensible Stylesheet Language)が規定されており、従来のSGML(Standard GeneralizedMarkup Language)の複雑さを解消するとともに、HTMLに拡張性を持たせた仕様となっている
現状、標準が複雑で開発に熟練した技術を要すること、各XMLタグが何を意味しそれらがどんな種類のデータを格納しているかを記述するDTD(Document Type Definition)の非構造性という弱点を補完する、XML Schemaというメタ言語開発の遅れなどから、普及は足踏みしているが、XMLを使えばワンストップサービスや利用者認証に必須となるアプリケーション間の情報連携や業務連携機能の開発が容易となる
TOP