JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2001年9月12日

日本ユニシス
am/pmジャパンが開始するインターネットデリバリーサービスのシステムを受託開発

〜 インターネットを利用した新しい注文システム「サイバーデリス便」 〜

 日本ユニシス株式会社(社長=島田精一 東京都江東区豊洲1-1-1)は、株式会社am/pmジャパン(社長=秋沢志篤氏 東京都千代田区一番町13-1、以下am/pm)のインターネットデリバリーサービス「サイバーデリス便」のシステムを受託開発、9月19日より本番稼働を開始の予定です。「サイバーデリス便」は、インターネット利用者が最寄りのam/pm店舗にある弁当類等の商品在庫をリアルタイムに確認、希望の商品を発注可能にする、日本のコンビニエンスストアチェーンで初めてのシステムです。

 am/pmは、高齢者や妊婦さん、多忙な方、また体調が悪いためどうしても来店できない生活者の方々からの、商品を配達して欲しいという強い要望に応え、1996年9月、電話注文により商品を60分程度で配達するデリバリーサービス「デリス便」を開始、現在首都圏を中心に362店舗で展開しています。また一方、本格的なIT時代の到来にあたり年々インターネット利用者数が増加、『インターネットを利用して「デリス便」の注文をしたい』という生活者のニーズが高まってきました。今回am/pmでは、このようなニーズに応えるため、インターネットから注文ができるサービス「サイバーデリス便」を提供開始することになりました。同サービス開始により、通常の「デリス便」と同様のサービスをインターネット上からも実現、提供することが可能になり、生活者の様々な要望に沿ったきめこまかい対応が実現できることになります。
 なお、「サイバーデリス便」は、今年6月から千代田区麹町の3店舗で試験的に稼働していましたが、この度、渋谷地区の6店舗を加え本番稼働するものです。今後順次「サイバーデリス便」対応地区の拡大を予定しています。

 日本ユニシスは、今回、am/pmで稼働開始する「サイバーデリス便」のシステムを全面受託開発しました。同システムは在庫管理、受注処理、会員登録などを行うサーバと、CRM(Customer Relationship Management)ツールとして「BroadVision® One-To-One Enterprise(注)(以下 BroadVision)」を搭載したサーバから構成され、「Unisys e-@ction Enterprise Server ES7000(以下ES7000)」がプラットフォームとして採用されています。この2つのサーバが互いに連携し、インターネットからの商品注文受付や、各店舗との受注処理を行います。
 am/pmで稼働するES7000は8CPU搭載モデルで、これを2パーティションに分割し、それぞれを1つのサーバとして運用します。ES7000は、最大32CPU、64GBメモリまで増設可能な大規模Windowsサーバであり、am/pmの今後のシステム拡張に応じて柔軟にスケールアップすることが可能です。さらに一筐体内でのクラスタリングシステムの構築によって、可用性、信頼性を強化できます。
 また、CRMツールにBroadVisionを採用することでOne to Oneマーケティングを実現、「サイバーデリス便」の会員登録者に対し、個別のインターネットサービスを提供します。

 am/pmでは、今回、業界他社に先駆けて提供開始したインターネットデリバリーサービスを、今後到来する“情報家電からの商品発注”などの先進サービスへ、いち早く発展させていきます。
 また日本ユニシスは、ES7000の優れた拡張性を活かし、革新的なam/pmの戦略に柔軟かつスムーズに対応するとともに、最新テクノロジーの投入を積極的に実施し、同社のシステム強化を全面的にサポートしていきます。


注) BroadVision One-To-One Enterprise:

日本ユニシスでは、Eビジネス分野におけるCRMソリューション・ツール「BroadVision(ブロードビジョン)」を販売しています。「BroadVision One-To-One Enterprise」は、企業と顧客、企業と社員、そして企業間同士のリレーションシップを活用し、ビジター一人一人への個別化された最良のサービスを実現するためのOne to Oneマーケティング・ソリューション・ツールの代表的な製品であり、1995年に米国で販売が開始されて以来、現在までに500社を超える導入実績があります。
BroadVisionによって、CRMをベースとした企業間(BtoB)、企業消費者間(BtoC)、双方での大規模コマースサイト構築ニーズへの対応を可能とし、日本ユニシスの豊富なシステム構築経験に基づくサービスや、定評ある通販フルフィルメントシステムとの組み合わせにより、ユーザのEビジネス市場での成功を実現します。また、企業内ポータル(BtoE)を展開するアプリケーションも新たに加わり、CRMを越えたERMの世界を実現できます。

[Back]