JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2002年7月11日

日本ユニシス
総合小売チェーン イズミの商品管理業務基幹系システムを「ES7000」で構築

〜 大型メインフレームからのリプレースでコスト削減を実現 〜

 日本ユニシス株式会社(社長:島田精一、東京都江東区豊洲 1-1-1)は、株式会社イズミ(社長:山西泰明氏、広島県広島市南区京橋町2-22)の商品管理業務基幹系システムを、「Unisys Enterprise Server ES7000*注1」(以下「ES7000」)上で構築、このたび本番稼働を開始しました。本システムは、他社の大型メインフレーム上で稼働していたアプリケーションを、「Windows®2000 Datacenter Server*注2」と「ES7000」の組み合わせによるオープンシステム上で再構築したもので、メインフレームなみの可用性と、開発および保守作業のコスト削減を実現しました。

 イズミは、中国、四国、九州地区を基盤に大型ショッピングセンターや食品スーパ ーを展開し、今日も店舗数の拡大を続けている大手総合小売チェーンです。同社は、これまで情報システム全般を外部にアウトソーシング委託しており、商品管理業務基幹系システムには、他社の大型メインフレームが使用されていました。しかし、昨今の流通業界の急速な環境変化に迅速かつ柔軟に対処していくためには、頻繁なシステムの変更や機能追加が不可欠であり、従来システムでは時間とコストかかりすぎる、という問題が出てきました。

 イズミは、これらの問題を解決するために検討を重ねた結果、可用性と信頼性が高く、また十分な拡張性もあるとして、マイクロソフトの「Windows®2000 Datacenter Server」と、「インテル® Pentium® III XeonTMプロセッサ」を搭載した日本ユニシスの「ES7000」を組み合わせたプラットフォームの採用を決定しました。その後、日本ユニシスは、要件定義から1年3ヶ月という短期間で商品管理業務基幹系システムの開発を行い、このたび本番稼働を迎えました。

今回稼働したシステムの特徴は以下の2点です。
マスタ管理、発注残管理、EOB(電子オーダーブック)、実績入力などの発注系システムと、シンクライアント系システムを、ディスクの記憶領域を論理的に区分して使用する「クラスター構成」で構築、メインフレームなみの可用性を実現。
ソフトウェア開発において、各機能をコンポーネント化することで、開発期間を従来に比べ2分の1に短縮したばかりでなく、柔軟な拡張性を持ったシステムを構築。これにより、将来の業務変更や業務追加に伴うシステム修正についても、短時間、低コストでの対応が可能。

また今回稼働したシステムの構成は以下のとおりです。
サーバー:「ES7000」 インテル® Pentium® Ⅲ Xeonプロセッサ 24CPU 2台
ディスク:「SANARENA®2800」、「SANARENA®1200」
シンクライアント系端末: 約500台(今後700台に拡大予定)
ソフトウェア:「Windows®2000 Datacenter Server」、「SQL Server(TM) 2000 Enterprise Edition」、「MetaFrame*注3

日本ユニシスは、今回のシステム構築の実績をもとに、今後も「Windows® 2000 Datacenter Server」と「ES7000」の組み合わせによる大規模ミッションクリティカルシステムの提供を、積極的に展開していきます。

なお、本発表に際し、インテル株式会社、およびマイクロソフト株式会社より、以下のコメントをいただいております。

<インテル株式会社 代表取締役社長 ジョン・アントン>
インテルは、株式会社イズミ様において、従来のメインフレームを中心としたシステムから、インテル®・アーキテクチャ(IA)をベースとした、大規模なUnisys Enterprise Server ES7000システムへ移行され、その稼働が開始されたことを歓迎します。IAの価格性能比における優位性は周知の事実ですが、高性能と高可用性を必要とするミッション・クリティカルな基幹業務においてES7000が導入されることで、今後ますます、IAサーバの基幹業務への普及拡大が促進されると確信しています。また、ES7000が提供する優れたコスト効率と最新の技術革新の優位性が、株式会社イズミ様の今後の更なる事業拡大に貢献することを期待します。

<マイクロソフト株式会社 取締役 エンタープライズビジネス担当 鈴木 和典>
マイクロソフトは、この度の株式会社イズミにおいての商品管理業務基幹系システムの実稼働を歓迎致します。マイクロソフトは、Windows® 2000 Datacenter Server、SQL Server(TM)2000 Enterprise Editionによるミッションクリティカルシステム分野の導入支援を積極的に行い、急激に変化するビジネス環境において、柔軟性に富み、コストパフォーマンスに優れたソリューションを実現してまいります。


*注1 Unisys Enterprise Server ES7000(ES7000)
 ES7000は、インテル製プロセッサを最大32個搭載、64GBメモリまで増設可能な大規模Windows®サーバーであり、パーティショニングによりひとつのサーバー上に複数OSを搭載し、並行稼働させることが可能です。最大8つまでパーティションごとに独立稼働させることができるほか、パーティション間でのクラスタリング構成が可能です。
*注2 Windows®2000 Datacenter Server
 Windows®2000 Datacenter Server は、これまで提供されているWindows®2000 Serverファミリーの中で最も高性能なサーバー オペレーティング システムであり、最高 32Wayの対称型マルチプロセッシング(SMP)と、最大 64 GB の物理メモリをサポートしています。4 ノード クラスタリングと負荷分散サービスの両方を標準機能として備えているほか、すべてのWindows®2000 Server ファミリーに備えられた豊富なインターネット サービスおよびネットワーク オペレーティング システム サービスのすべてを提供しています。
*注3 MetaFrame
 MetaFrameは、アプリケーションサービスの配信と管理のソリューションであり、少ない管理コストで、簡単迅速にサーバ ベース コンピューティング環境構築を実現し、アプリケーションやデータをサーバ上で安全に中央管理できる環境を提供します。

[Back]