JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2003年6月2日

日本ユニシス
TA(Trusted Advisor)認定制度を導入

〜 エキスパート社員により、顧客価値創造を提案する活動を強化 〜

 日本ユニシス株式会社(社長=島田精一、東京都江東区豊洲1-1-1、以下、日本ユニシス)は、上流からの提案活動を強化する施策の一環として、2003年6月から、「ユーザ企業の経営トップから信頼される、経営・ITのアドバイザー(Trusted Advisor:トラスティッド・アドバイザー、略称TA)」を認定する、社内TA認定制度を導入します。

 今回導入する日本ユニシスのTA認定制度は、高付加価値分野を定め、それぞれの分野において顧客価値創造に貢献できるスキルを持つエキスパートを、全社的に認定するものです。
 本認定制度により、社内に分散しているエキスパートが全社の人材として活動できるようになり、また社内外においてその人材が明確になり、当社の顧客価値創造のための提案力が強化されます。

 ITの戦略的活用はユーザ企業にとって、"競争優位"と切り離せない重要な経営施策となっており、ビジネス部門出身者がCIOに登用されるケースが増え、CEO自らがCIOを勤める企業さえも見られるようになってきました。
 またドットコム・バブルが弾けたとはいえ、今後も大きなビジネス・インパクトをもたらすようなITアーキテクチャの革新が起こると予測されています。企業経営者にとって、経営革新の実現を加速するためにIT技術をいかに有効に活用していくかは、引き続き重要な経営課題であるといえます。
 このような状況の中、CEOおよびCIOからは、経営について深く理解し、かつITの最新技術の活用法にも精通しているアドバイザーのニーズが高まってきました。

 上流からの提案力強化は、今年度日本ユニシスが経営方針として掲げる「Re-Enterprising2003」の重点目標の一つです。当社はその一環として、今年4月からTA認定制度の準備を進めてきました。

日本ユニシスが認定するTAは、次の3種類です。
  1. 経営レベルTA
    経営戦略、事業戦略などの経営課題に精通し、顧客企業経営トップに経営革新および課題解決提案を実施するスキルやエキスパティーズを保有する人材。
  2. 特定分野レベルTA
    ITガナバンス、情報セキュリティ、財務マネジメント、SRM、CRM、SCMなど、特定の課題分野、特定の機能やソリューション分野に対して深い知識・経験および洞察力を有する人材。
  3. ITアーキテクトTA
    顧客企業の中長期的なITアーキテクチャやコア技術のトレンドを踏まえ、大規模なシステム・アーキテクチャの全体デザインができる人材、大規模で複雑なアーキテクチャ構造を持つシステムの、プロジェクト・マネジメントの経験と実績を有する人材。

 認定された各カテゴリーのTAは、ビジネス開発部門および営業部門と連携して、ユーザ企業経営トップに対し提案活動を行います。
 また各TAは、スキル・ノウハウの伝承を義務付けられており、今後TAのもと、スキルの伝承を受ける社員(将来のTA候補)を育成していく予定です。

 TA認定制度は、6月中に最初の認定を終え、7月1日から、認定された社員がTAとしての提案活動を開始します。当初は30名程度の認定を予定しており、今後認定基準に達した人材がいれば順次拡充し、今後2年間で100名以上のTA認定を行う予定です。


[Back]