JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2003年6月24日

バイタルネット、情報系システム再構築に際し日本ユニシスの「ES7000」採用を決定

 新潟県を含む東北地方を地盤とする医薬品卸商社大手の株式会社バイタルネット(東証一部:9916、社長=鈴木 賢、本社=仙台市青葉区大手町1-1)は、2001年1月の合併以来、ネットワークの見直しを手始めに、情報交換のスピードアップとさらなる顧客サービスの向上を目指して情報系システムの再構築に着手し、このたび情報系システムのプラットフォームとして日本ユニシス株式会社(東証一部:8056、社長=島田精一、本社= 東京都江東区豊洲 1-1-1)の「Unisys Enterprise Server ES7000(以下ES7000)*注1」の採用を決定しました。日本ユニシスは、「ES7000」上で稼働する新情報系システムの構築も担当します。

 医薬品卸売業は、医療機関が必要とする医薬品を、「必要なときに」「必要な量を」「必要な場所へ」正確・迅速に供給することが求められます。そのため医薬品卸売業界では、医療の進歩に迅速に対応し低コストで効率のよい医薬品の供給を行うために、最新IT(Information Technology)やアウトソーシングを積極的に導入する企業が増えています。

 バイタルネットは、最新のITを取り入れた低コストな物流体制の構築を目的に、2002年8月から62ヵ所ある国内全拠点を光ファイバーでつなぐ高速通信網の整備を始めとした全社的な情報システムの見直しを開始しています。今回の「ES7000」の採用と、情報系システムの再構築もそうした大規模なIT投資の一環となります。

 バイタルネットの従来の情報系システムは、UNIX®サーバーが1台、メール用サーバー2台、そしてWindows® クライアントが500台という構成でしたが、バイタルネットは、顧客情報検索などの新情報系システムの見直しにあたり、

●複数サーバーの統合が可能
  ●拡張性にすぐれたオープンシステムを構築可能
  ●大量トランザクション処理が可能
  ●24時間365日の稼働が可能

 といった要件を満たすプラットフォームの採用を検討しました。
 その結果、Windows®サーバーの中では最大の可用性と信頼性があり、既に大規模エンタープライズサーバーとして多くの稼働実績を持ち、また将来に渡って十分な拡張性を確保できる点を評価し、日本ユニシスの「ES7000」の採用を決定しました。

 また、今回「ES7000」の採用を機に、日本ユニシスが提案したバイタルネットの新情報系システムの特徴は以下のとおりです。

●「Windows®2000 Datacenter Server*注2」と「ES7000」の組み合わせによるオープンシステム
  ●日本ユニシスのデータウェアハウス構築支援ツール MartSolusion(マートソリューション)*注3を使用

 バイタルネットは今回の情報系システム再構築により、以下のような効果を見込んでいます。

●コスト: Windows®の採用により、開発、保守、運用コストを削減
  ●効率 : Webブラウザ対応により、操作方法を 短期間で習得可能
  ●拡張性 : ブラウザ対応の為、ユーザー数が増えても容易に対応可能であるなど、変化の激しいユーザーニーズに迅速に対応

 新情報系システムは、2003年7月全面稼働予定です。日本ユニシスは、今後もバイタルネットの全社的なシステム見直しに対し、最新テクノロジーの投入を積極的に実施し、同社のシステム強化をサポートしていきます。

*注1:Unisys Enterprise Server ES7000(ES7000)
ES7000は、インテル製プロセッサを最大32個搭載、64GBメモリまで増設可能な大規模Windows®サーバーであり、パーティショニングによりひとつのサーバー上に複数OSを搭載し、並行稼働させることが可能です。最大8つまでパーティションごとに独立稼働させることができるほか、パーティション間でのクラスタリング構成が可能です。
既に株式会社三井住友銀行様 、ミノルタ株式会社様 、株式会社イズミ様 など、多くの大規模ミッションクリティカルシステムの稼働実績があります。
*注2:Windows®2000 Datacenter Server
Windows®2000 Datacenter Server は、これまで提供されているWindows®2000 Serverファミリーの中で最も高性能なサーバー オペレーティング システムであり、最高 32Wayの対称型マルチプロセッシング(SMP)と、最大 64 GB の物理メモリをサポートしています。4 ノード クラスタリングと負荷分散サービスの両方を標準機能として備えているほか、すべてのWindows®2000 Server ファミリーに備えられた豊富なインターネット サービスおよびネットワーク オペレーティング システム サービスのすべてを提供しています。
*注3:MartSolusion(マートソリューション)
クライアントメンテナンスフリー、ノンプログラミングな開発環境による情報系構築支援ツール群。スクラップ & ビルド型のクイックサイクル開発を実現するMartBuilder(マートビルダ)やWebブラウザから社内データベースの定型検索システムを容易に構築可能なMartBrowser(マートブラウザ)などで構成されます。

[Back]