JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2004年3月12日

株式会社ジャパネットたかた 顧客情報流出について

〜 平成16年3月12日 午後5時現在の状況報告 〜

 【平成16年3月12日 午後5時現在の状況ご報告】

 株式会社ジャパネットたかた(社長:高田明、長崎県佐世保市日宇町2781、以下 ジャパネットたかた)の顧客情報流出に関して、日本ユニシス株式会社(社長:島田精一、東京都江東区豊洲 1-1-1、以下 日本ユニシス)より、平成16年3月12日 午後5時現在の状況をご報告します。

 
● 【 3 月9日 】
システム部門担当の役員を委員長とした日本ユニシスグループ調査委員会を設置する。
● 【 3 月10日 〜 3 月11日 】
ジャパネットたかた顧客情報流出に関する日本ユニシスグループ調査委員会が現地調査を行う。
● 【 3 月12日 午後0時頃】
ジャパネットたかたが告訴状を提出する。
● 【 3 月12日 午後3時 】
ジャパネットたかたに対し、日本ユニシスグループ調査委員会が中間報告を実施する。
● 【 3 月12日 午後4時 】
ジャパネットたかたが記者会見を開催する。

 今後も日本ユニシスはジャパネットたかたと同調し、事件解決に向けて全面的に協力する所存です。また、ジャパネットたかたの情報セキュリティに関しては、より一層の強化対策を実施するようジャパネットたかた・高田社長より依頼され、専門家チームを派遣し現地にて作業中です。
 なお、調査内容及び結果に関しては告訴状が提出されていることもあり、ご説明が出来ない状況です。

 進捗があり次第、随時ご報告させて頂きます。


[Back]