JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2004年3月19日

株式会社ジャパネットたかた 顧客情報流出について

〜 平成16年3月19日 午後5時現在の状況報告 〜

 【平成16年3月19日 午後5時現在の状況ご報告】

 株式会社ジャパネットたかた(社長:高田明、長崎県佐世保市日宇町2781、以下 ジャパネットたかた)の顧客情報流出に関して、日本ユニシス株式会社(社長:島田精一、東京都江東区豊洲 1-1-1、以下 日本ユニシス)より、平成16年3月19日午後5時現在の状況をご報告します。

 
● 【 3 月12日 〜 3 月17日 】
ジャパネットたかた顧客情報流出に関して、日本ユニシスグループ調査委員会が引き続き独自調査を行う。
● 【 3 月19日 午前10時 】
ジャパネットたかた・高田社長に対し、日本ユニシスグループ調査委員会が報告を実施する。これをもって、ジャパネットたかた顧客情報流出に関する日本ユニシスグループ調査委員会は解散する。

※調査内容及び結果に関してはジャパネットたかたから告訴状が提出されていることもありご説明を控えさせて頂きますが、日本ユニシスとしては可能な範囲で最大限の調査を行い、その内容に関してはジャパネットたかた・高田社長にご了解頂きました。

 日本ユニシスは事件の解明に向け、警察当局およびジャパネットたかた調査委員会へのご協力を引き続き行います。また、ジャパネットたかたから依頼を受け着手している情報セキュリティ強化対策を始め、ビジネス面においても最大限のご支援・ご協力を続けていきます。


[Back]