JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2005年8月29日

日本ユニシス ゆめタウン・イズミで
「おサイフケータイ®」活用販促サービスのシステムを構築

〜 業界初の複合型会員サービスを「ゆめタウン東広島」でスタート、順次拡大を予定 〜

 日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:籾井 勝人、以下 日本ユニシス)は、株式会社ゆめカード(本社:広島県広島市、社長:滝本 繁氏、以下 ゆめカード)と共同で、 株式会社イズミ(本社:広島県広島市、社長:山西 泰明氏、以下 イズミ)へ、モバイルFeliCa(注1)を活用した新販促サービス「ゆめタウン携帯会員サービス」(愛称:ゆめピッと)のシステムを構築して提供いたします。
 イズミでは、8月25日から「ゆめタウン東広島」で本サービスを開始、9月には「ゆめタウン博多」、「ゆめタウン高松」でも開始予定としています。その後、順次他店舗に展開する予定です。

 「ゆめタウン携帯会員サービス」は、モバイルFeliCaの特徴であるICチップのオンライン/オフライン読出し/書込み機能を最大限に活用することによって、従来の携帯電話を活用した販売促進策では実現できなかった複合型会員サービスを提供します。
 複合型会員サービスとは、携帯によるメール受信やWeb検索などによる電子情報型販促活動(サイバープロモーション)と会員向クーポン発行やポイント付与などによる店舗内販促活動(リアルプロモーション)の融合を指すもので、今回の本サービス開始は、業界で初めてのものとなります。

 今回提供されるサービスの流れは、以下の通りです。

 
1. 「おサイフケータイ」機能搭載の携帯電話を保有しているお客様が、「ゆめタウン携帯会員」に登録します。
2. 会員は販促情報のメール配信によって、お買い得情報やクーポン情報を入手できます。
3. 各会員の獲得ポイント点数や利用可能なクーポン券の情報は、携帯電話のWeb機能によってセンターから入手することも、店頭設置の端末を操作しての入手も可能です。
4. 会員は、店頭設置の端末に携帯電話をかざすことで来店ポイントを付与、また端末を操作してクーポン券を発行できます。
5. レジ決済端末では、「おサイフケータイ」機能である電子マネーEdy(注2)での決済およびポイント付与が可能です。

なお、本サービス導入により期待される主な効果は以下の通りです。

 
1. 新規会員の増加(特に10代〜30代の携帯利用者の会員)
2. 既存会員の活性化による来店頻度向上
3. 携帯キャンペーン効果分析とより効果的な販売促進策の立案
(情報入手、来店、購買、次回来店といった一連の購買サイクルのデータ分析)

 今回構築したシステムは、機能ごとに部品化されており、一括導入だけではなく既存導入されているPOS端末、キオスク端末、メールサーバ、Webサイト、決済手段などの状況や事業者ニーズに応じて柔軟に適用できる販促ソリューションとなっています。
 日本ユニシスでは、本ソリューションをベースに小売・流通業を対象とした販売(初年度3億円の売上目標)の準備を進めており、近日中に発表の予定です。

以上

注1:モバイルFeliCa
フェリカネットワークス株式会社が拡大と普及を推進する、携帯電話に搭載したFeliCa ICチップ及びFeliCaを利用する、本サービスが採用したプラットフォームの名称です。携帯電話上で電子マネー、電子チケット、会員証などのサービスを実現します。
注2:Edy
「Edy(エディ)」は、ビットワレット株式会社によって管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。

注釈/リンク

[Back]