JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2006年1月4日

日本ユニシス
2つの地域金融機関の新基幹系システム本番稼働開始
〜 異なる形態の大規模システム開発プロジェクト完遂 〜

 日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:籾井 勝人、以下 日本ユニシス)は、このほど株式会社大光銀行(本社:新潟県長岡市、頭取:中島 富雄 氏、以下 大光銀行)、京都中央信用金庫(本店:京都府京都市、理事長:布垣 豊 氏)の2つの新基幹系システム開発を完了し、2006年1月の各機関初営業日から本番稼働を開始しました。

 大光銀行は日本ユニシスの第二地方銀行アウトソーシングセンターに加盟し、銀行業務全般にわたるシステムのアウトソーシングを日本ユニシスに委託しました。当社の第二地方銀行アウトソーシングセンターの基幹システムは、長年にわたる地域金融機関サポート実績から培ったノウハウを取り入れて開発した勘定系パッケージ「TRITON®(トライトン)(注1)」をベースに、第二地方銀行向けに構築した勘定系システムを核としています。各種リソースの共有によりコスト削減を図りながらも加盟行の独自性を維持し、従来システムとオープン環境システムの融合も実現する最先端のアウトソーシングです。

 信用金庫最大手の京都中央信用金庫は、他社製のコンピュータを使った独自開発を行ってきましたが、次期勘定系システム刷新を計画、今回、日本ユニシスの「地域金融機関向け次世代勘定系システム『SBI21(エス・ビー・アイ21)(注2)』」を導入しました。
 『SBI21』は勘定系業務分野では業界に先駆けて、分析・設計工程にオブジェクト指向技術を採用した勘定系パッケージであり制度変更や取扱商品拡大に柔軟に対応するとともに、新機能の追加や修正をタイムリーに実施しています。また、『SBI21』は信用金庫側で「単独自営形態」、「アウトソーシング形態」を選択できる利用形態の柔軟性を備えており、今回の京都中央信用金庫の利用形態は「単独自営」です。

 昨今、当初予定していた本番稼働期日を延期せざるを得ない他ITベンダー事例が散見される中、今回、日本ユニシスは利用形態の異なる2つのシステム開発プロジェクトを同時に完遂しました。

・大光銀行 :第二地方銀行アウトソーシングセンターへの短期間での移行
・京都中央信用金庫 :実績のあるソリューションの自営単独導入

 当社では、2つの地域金融機関基幹系システム同時カットオーバーの実現要因を「金融系システム全般における開発力、プロジェクト管理力の高さの証明」と分析しており、今回の実績をベースに今後さらなる販売体制を強化・推進を図り、新たな受注拡大を目指していきます。 

以上

注1:TRITON(トライトン)
メインフレーム上で稼働する基幹系システムとして、日本ユニシス、百五銀行、紀陽銀行の3社で共同開発し、百五銀行、紀陽銀行で同時本番稼働した。その後、日本ユニシスのメインフレームユーザの多くに採用されてきた。
注2:SBI21(エス・ビー・アイ21)
オブジェクト指向技術によるサブシステム単位のカプセル化や、PCベースの開発環境の提供など、基幹勘定系システムに最適な開発方法論と情報化技術を採用、開発/保守の生産性の飛躍的向上を実現している。


注釈/リンク

[Back]