JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2008年7月24日

日本ユニシス・エクセリューションズ
製造業界の技術革新を目指し「R&Dセンター」開設

 日本ユニシス・エクセリュ−ションズ株式会社(本社:東京都新宿区、社長:山本 敏郎、以下 日本ユニシス・エクセリューションズ)は、製造業界の技術革新を目的として本社事業所内に「R&Dセンター」(センター長:古川玲子)を8月1日(金)に開設します。
 同センターでは、日本の製造業を対象としてCAD/CAMソフト開発、形状処理技術、加工技術、解析および情報再利用支援などの分野を中心に研究開発を進めます。

 定型的製造技術がアジアやBRICSに流出し、日本には独自のノウハウを有する企業しか生き残れなくなっている状況のもと、日本の製造業からのCAD/CAMシステムへの要求は、これまで以上に技術的難易度が高くなりつつあります。
 また日本国内に海外製CAD/CAMの流通が増えていく中で、製造業向けとしては国産唯一の独自開発3次元CAD/CAMシステムCADmeister®(キャドマイスター)を持つ日本ユニシス・エクセリューションズに対しては、顧客企業の独自ノウハウをCAD/CAMへ取り込む開発要求や形状処理機能に係わる独自の開発要求が増加の一方です。

 日本ユニシス・エクセリューションズは営業拠点を全国各地(宇都宮、新潟、太田、厚木、三島、浜松、北陸、広島)に展開して顧客密着型のサービス体制を構築しています。これらサービス拠点で得られた顧客ニーズは、これまでシステム部門が吸い上げ「開発センター」でソフト開発に反映させています。
 これに加え、今回「R&Dセンター」を開設することで、より広い視野から顧客ニーズの先をいく先進的・革新的ソフトウェア開発を実現し、日本製造業の永続的な発展に寄与することを目指していきます。

以上


注釈/リンク

[Back]