JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2010年10月18日

日本ユニシス
熊本市へ「行政文書目録公開システム」をSaaS型で提供

〜 SaaS型サービスの利用により、短期間でサービスを開始 〜

   日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:籾井 勝人、以下 日本ユニシス)は、自治体向け「UniCity® 総合文書管理システム SaaS Edition」を構成するひとつのサービスである「情報公開サービス」を熊本市(所在地:熊本県熊本市、市長:幸山 政史 氏)に提供しました。

   熊本市では、このサービスを利用して、行政の意思決定過程を記録した公文書の件名や担当課、起案・収受日等の目録情報を市民がインターネットを利用して検索・閲覧できる行政情報の公開と共有を実現し、積極的な行政情報等の公開により、市民から信頼される市政の運営と、熊本市自治基本条例の基本理念の一つである情報共有、信頼及び協働による市政・まちづくりの実現を目指すとしており、平成22年10月18日から行政文書目録公開システムの一般利用を開始します。

   本システム導入方式の検討にあたっては、複数のシステム方式(自設(インハウス)方式、ホスティング(レンタルサーバー)方式、SaaS(注)・ASP方式など)を多角的に検討した結果、受託事業者サーバー上のアプリケーションプログラムを有料で利用するSaaS・ASP(アプリケーション サービス プロバイダー)方式を採用することに決定しました。このことから、日本ユニシスが提供する自治体向け「UniCity総合文書管理システム SaaS Edition」の「情報公開サービス」が熊本市の期待するシステム要件(仮想化技術を利用したSaaS型サービスであることなど)を満たしているとして、今回選定されました。

   熊本市は、今後5年間に、平成16年度からの行政文書約300万件を一般公開していく予定です。

   今回、熊本市に採用されました「UniCity総合文書管理システム SaaS Edition」は、平成12年から地方公共団体向けに販売しているパッケージを日本ユニシスのICT基盤を活用してSaaS型にしたものです。本サービスは以下のような特徴を備えております。

  1. 仮想化技術により低価格でのサービス提供 
  2. 構築・運用・保守負担および費用の軽減 
  3. データセンターの活用により安心・安全・継続性を確保 
  4. 短期間での運用開始が可能

   日本ユニシスは、今後も熊本市への導入事例をもとに、「UniCity総合文書管理システム SaaS Edition」を積極的に提案していきます。

以上

注:SaaS(Software as a Service) 
ネットワークを介したオンラインサービスで、お客さまが必要とする機能だけを利用しそれに応じた分の料金を支払うソフトウェアの利用形態のことです。


注釈/リンク

[Back]