JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2012年4月23日

通期業績予想の修正に関するお知らせ

当社は、最近の業績の動向等を踏まえ、平成24年1月25日に公表した平成24年3月期(平成23年4月1日〜平成24年3月31日)の連結および個別業績予想に関し、下記の通り修正することとしましたので、お知らせ致します。



  1. 当期の業績予想数値の修正(平成23年4月1日〜平成24年3月31日)

    (1)連結業績予想
      売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
    (△は損失)
    1株当たり
    当期純利益
    (△は損失)
    前回発表予想(A)
    (平成24年1月25日発表)
    百万円
    255,000
    百万円
    7,000
    百万円
    6,300
    百万円
    △11,600
    円 銭
    △123.43
    今回修正予想(B) 255,100 7,300 7,000 △12,500 △133.01
    増減額(B−A) 100 300 700 △900 -
    増減率(%) 0.0 4.3 11.1 - -
    (ご参考)前期実績
    (平成23年3月期)
    252,989 6,527 5,833 2,574 27.12
    (2)個別業績予想
      売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
    (△は損失)
    1株当たり
    当期純利益
    (△は損失)
    前回発表予想(A)
    (平成24年1月25日発表)
    百万円
    162,000
    百万円
    1,800
    百万円
    4,700
    百万円
    △10,800
    円 銭
    △114.90
    今回修正予想(B) 160,300 1,100 4,100 △12,600 △134.05
    増減額(B−A) △1,700 △700 △600 △1,800 -
    増減率(%) △1.0 △38.9 △12.8 - -
    (ご参考)前期実績
    (平成23年3月期)
    164,480 1,845 3,746 1,073 11.30


  2. 修正の理由

    連結業績予想においては、売上高、営業利益、経常利益ともに前回予想を上回る予定です。
    一方、当期純利益につきましては、投資一任契約のもとAIJ投資顧問株式会社で運用しておりました日本ユニシス企業年金基金の年金資産について、その契約資産の大半が毀損しているものと判断し、特別損失として55億円を計上するものの、繰延税金資産の取り崩し が前回予想より減少したことから、前回予想比で9億円の損失増となる見込みです。
    個別業績予想においては、売上高の減少により、営業利益および経常利益が、前回予想を下回る見込みです。当期純利益につきましては、上記の連結業績予想と同様な理由から年金資産に係る特別損失として41億円を計上するものの、繰延税金資産の取り崩し が前回予想より減少したことから、前回予想比で18億円の損失増となる見込みです。

(注)上記の予想は現時点で入手可能な情報に基づいて算出したものであり、今後の様々な要因によって実際の業績と異なる場合があります。

以上


※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。