JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2013年1月4日

日本ユニシス
埼玉縣信用金庫の勘定系システム基盤を
最新鋭のエンタープライズサーバー大型機に刷新
〜 Unisys ClearPath® Server CS870Dにより、勘定系システムの性能を大幅に向上し、
顧客サービス向上と大規模災害への対応強化を支援 〜

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)は、埼玉縣信用金庫(本店:埼玉県熊谷市、理事長:安田 格 氏)から最新鋭エンタープライズサーバー大型機「Unisys ClearPath Server CS870Dシリーズ(以下 CS870D)」を受注し、平成25年1月4日より、埼玉縣信用金庫の勘定系システムとして本番稼働を開始しました。

預金量2兆円を超える大手信用金庫の埼玉縣信用金庫では、従来から日本ユニシスの信用金庫向け勘定系システム「SBI21(注1)」を導入して顧客サービスの拡充を図ってきました。このたび、今後のオンライン取引量の急激な増加、および取引の繁忙日への集中に対応するため勘定系システム基盤のレベルアップを決め、使用量に応じた料金算定方式であるメータリング機能(注2)を搭載した「CS870D」の採用を決定しました。埼玉縣信用金庫は「CS870D」の採用により、現行能力と比較して4倍以上となる処理能力を活かし、さらなる顧客サービスの向上を図っていきます。

埼玉縣信用金庫は、顧客サービスの向上の第一弾として、2月からオンライン稼働時間の延長およびインターネットバンキングの機能強化を実施する予定です。

また、大規模災害などによりシステムの稼働・運用が長期間不能となった場合に備えて、代替業務を行う日本ユニシス信金バックアップセンターへ新たに加盟し、新システムの処理能力を活かしてデータをほぼリアルタイムに送信することで、万一の場合にも最新の取引情報を迅速に復元します。

日本ユニシスは、今後も埼玉縣信用金庫との戦略的なパートナーシップをさらに深め、すでに採用が決定している統合リスク管理システム「GyFCompass®シリーズ(注3)」や全店・全部門の約1700台のパソコンのシンクライアント化、日本テラデータ株式会社との協業(注4)による統合データウェアハウス(DWH)の再構築など、勘定系システム分野だけに留まらないICTの最適化を実現し、埼玉縣信用金庫の業務の発展に貢献していきます。

以上

注記

注1:SBI21(Strategic Banking Integrated-system:エス・ビー・アイ21)
地域金融機関向け勘定系システム。オブジェクト指向技術によるサブシステム単位のカプセル化や、PCベースの開発環境の提供など、基幹勘定系システムに最適な開発方法論と情報化技術を採用、開発/保守の生産性の飛躍的向上を実現しています。
注2:メータリング機能
利用されたプロセッサ処理量を計測・集計・通知する機能。この機能を搭載したシステムでは実際の使用量に対して課金を実施するため、ピーク時、非ピーク時を含む全ての利用時間帯のプロセッサ課金が実使用量ベースとなり、課金負担を効率化することができます。また、メータリング機能対応モデルではシステムの最大性能を利用できるので、システムサイジング時の想定ピーク性能を超えた突発的なプロセッサ処理増大への無停止対応も可能となります。
注3:GyFCompass(Gyro of Financial Compass:ジフコンパス)シリーズ
「預貸系と市場系」「時価ベースと簿価ベース」「フロントとバック」のリスク管理・収益管理を完全に統合した経営情報系システム。世界金融危機以降の金融機関におけるリスク管理の刷新をコンセプトとし、金融機関におけるリスク管理・収益管理の精緻化、経営管理の高度化を支援します。
注4:日本テラデータ株式会社との協業
日本ユニシスと日本テラデータ株式会社は、2012年6月19日、DWHおよびマーケティング分析分野で協業を開始しました。
http://www.unisys.co.jp/news/nr_120619_teradata.html
商標、登録商標
  • GyFCompassは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • ClearPathは、Unisys Corporationの登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。