JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2013年4月15日

日本ユニシス 全国金融機関初、大垣共立銀行のドライブスルー型店舗
「ドライブスルーながくて出張所」に設置されたEV急速充電スタンドに、
充電インフラシステムサービス「smart oasis®」を提供

 日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)は、株式会社大垣共立銀行(本社:岐阜県大垣市郭町、取締役頭取:土屋 嶢 氏、以下 大垣共立銀行)が本日オープンした全国金融機関初のドライブスルー型店舗「ドライブスルーながくて出張所(注1)」に設置されたEV急速充電スタンドに、充電インフラシステムサービス「smart oasis (スマートオアシス)(注2)」の提供を開始します。 

大垣共立銀行は、「銀行はサービス業」をモットーに「お客さま満足度No.1」を目指して、従来の金融機関の発想を超えたユニークな新商品やお客さま目線のサービスを次々に導入しています。このたび、都市化が進む愛知県の日進・長久手エリアへ全国金融機関初となるドライブスルー型店舗などを新規展開するにあたり、ドライブスルー型店舗に電気自動車(EV)で来店するお客さまの利便性向上を図るため、EV急速充電スタンドを設置しました。

大垣共立銀行の銀行口座をもつお客さまであれば誰でも、ドライブスルーながくて出張所のドライブスルー窓口やドライブスルーATMと同様に、EV急速充電サービスを利用することができます。
日本ユニシスは、充電インフラシステムサービス「smart oasis」を提供し、EV急速充電スタンドの利用者認証や故障監視などの充電サービスの管理を行います。

日本ユニシスは、地域金融機関のお客さまへ、従来からの勘定系システムなどの提供に加えて、お客さまのビジネス成果に貢献し、お客さまと共に成長することを目指した、新たな取り組みを進めています。今後も、今回の大垣共立銀行での実績をもとに、「smart oasis」をはじめとした異業種サービスなど、業種の垣根を越えて"お客さまのお客さま"まで見据えたさまざまなサービスを提案・提供していきます。

以上

注記
注1:ドライブスルーながくて出張所

大垣共立銀行が愛知県長久手市に新設した、全国金融機関初のドライブスルー型店舗です。お客さまは車に乗ったまま、ドライブスルー窓口(2ヶ所)とドライブスルーATM(2台)を年中無休で利用できます。
また、電気自動車(EV)で来店するお客さまの利便性向上を図るため、EV急速充電スタンド(1台)を設置します。

所在地 :愛知県長久手市長湫(ながくて)南部土地区画整理地内77街区1-2
             (所在地は区画整理地であり、本換地後に表示変更となります。)
営業時間:
             ・ドライブスルー窓口、EV急速充電スタンド 平日9:00〜19:00 土・日・祝休日9:00〜17:00
             ・ドライブスルーATM 年中無休 7:00〜21:00
取扱業務:預金関連業務(預金、為替、両替業務など)

注2:smart oasis(スマートオアシス)
電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラを利用するための利用者認証機能や課金機能および充電装置の位置情報・空き情報を提供するシステムサービスです。
商標、登録商標
  • smart oasisは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。