JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2013年9月17日

日本ユニシス
ユニシス技報 通巻117号「特集:クラウド基盤」を発行 〜 「U-Cloud® IaaS」を中心に、プライベートクラウドの選定・構築・運用技術を解説 〜

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)は、ユニシス技報 通巻117号「特集:クラウド基盤」を発行しました。

ユニシス技報は、お客さまが抱える経営上の課題や技術的な問題を、日本ユニシスグループが情報技術を活用して実際に解決した方法や努力、成果について紹介する論文誌で、1981年に創刊し、1987年以降は年4回発行しています。

今回発行した通巻117号「特集:クラウド基盤」は、日本ユニシスグループが提供している企業向けクラウドサービス「U-Cloud」の特集です。ホスティングサービス「U-Cloud IaaS」を中心に、プライベートクラウドの選定基準や、それによるシステムの構築/運用方法を解説しています。

また、U-Cloudのシステム基盤を支える仮想化とプロビジョニングの技術、人材育成方法、SLA(Service Level Agreement サービス品質保証制度)やシステム構築事例など、U-Cloudの技術とサービスの特徴も紹介しています。

今後も日本ユニシスグループは、ユニシス技報を通じて、情報システム構築や運用への取り組みを書きとめ、広くそれらを共有し伝承していくことで、情報技術産業の成熟に「作り手」として寄与していきます。

【ご参考】ユニシス技報 通巻117号「特集:クラウド基盤」の内容は、以下のとおりです。

■巻頭言 特集「クラウド基盤」の発刊によせて

■基調論文

  • クラウド基盤の動向とICT基盤最適化への取り組み


■論文

  • プライベートクラウド導入アセスメント
  • クラウド運用におけるITSMSの有用性
  • クラウド運用技術者の育成
  • U-Cloudネットワーク技術の利点
  • U-Cloudにおけるプロビジョニング設計
  • クラウド事業者としての構築事例(大日本印刷株式会社)
  • プライベートクラウド環境への“U-Cloud @IPCP®”適用について
  • クラウドサービスにおけるSLAと日本ユニシスグループの取り組み
  • 構築した情報システムに対する運用業務のモデル化

以上

商標、登録商標
  • U-Cloud、U-Cloud @IPCPは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各企業の登録商標または商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。