JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2014年5月13日

日本ユニシスグループ
6月5日、6日の2日間、グループ総合フォーラム「BITS®2014」を開催

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)は、6月5日(木)、6日(金)の2日間、日本ユニシスグループ総合フォーラム「Nihon Unisys Group Business & ICT Strategy Forum 2014(BITS2014)」をANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)にて開催します。

日本ユニシスグループは、2011年12月に策定した中期経営計画(2012→2014)の集大成となる最終年度を迎え、計画の達成に向け邁進しています。今年のグループ総合フォーラム「BITS2014」では、この中期経営計画で掲げている「ICT最適化」、「ビジネス共創」、「社会インフラ」のテーマに沿って、「つなぐ力が、未来をひらく。」(注1)をコンセプトに、取り組みの成果と進化を、多くの事例を交えて紹介します。

  • 「ICT最適化」・・・最適なICTのための目利き・引越し・お守り
「ICT 最適化」とは、お客さまの戦略に最もふさわしい ICT を目利きし(選択・組合せ)、最適な状態へ引越し(移行)、また、ビジネスの変化に合わせて最適な状態を守り(運用・保守)、再引越しすることです。こうした ICT のライフサイクル全般にわたるサービスや ICT 基盤、業務ソリューション、そして未来に向けた先進テクノロジーへの取り組みを紹介します。  
  • 「ビジネス共創」・・・ICTの力で業界の垣根を越えたビジネス連鎖
あらゆる業種のお客さまとのつながりを生かし、業種・業態の垣根を越えて共に創る新たなビジネス。ICTを活用することで、人、もの、情報がつながり、ビジネスがつながり、単独企業では実現できない新しい付加価値が生まれています。お客さまやパートナーとの異業種連携ビジネスを、大日本印刷株式会社(DNP)のコラボレーションも交えて紹介します。
  • 「社会インフラ」・・・スマートな社会を支える
人と環境にやさしい社会の実現を支えるICT。日本ユニシスグループはインフラコーディネータとして、社会インフラを担うお客さま(自治体/エネルギー/交通/医療など)と共に、ビジネスを通して社会に貢献、スマートな未来社会を目指します。このトラックでは、復興、防災、交通、教育などへの取り組みや事例について紹介します。

BITS2014の概要は以下のとおりです。

■ 開催概要
  1. 開催期間 : 2014年6月5日(木)〜6日(金)
  2. 会    場 : ANAインターコンチネンタルホテル東京B1F
  3. 主    催 : 日本ユニシスグループ
  4. 共    催 : ユニシス研究会(注2)
■ 主なプログラム(全45セッションより抜粋)
<6月5日(木)>
  • ご挨拶 日本ユニシス株式会社 代表取締役社長 黒川茂
  • 基調講演「2020東京大会招致活動とその後の社会構築」
    水野 正人 氏
      (元 東京2020オリンピック・パラリンピック 招致委員会 CEO
      公益財団法人 日本オリンピック委員会 名誉委員)
  • 日本ユニシスグループセッション 全9セッション
  • ユニシス研究会 年次総会、情報交換会

<6月6日(金)>

  • 特別講演「島耕作の視点で見る、日本のリーダー像と、日本の未来」
    弘兼 憲史 氏(漫画家)
  • ユニシス研究会セッション 全9セッション
    2013年度の優秀なグループ研究および論文を発表
  • 日本ユニシスグループセッション 全23セッション
なお、2日間を通して併設の展示コーナーにて各種デモやプレゼンテーションを実施しています。
■ BITS2014イメージ画像
 以 上
 
注記
注1:つなぐ力が、未来をひらく。
「ICTで、人、モノ、情報、ビジネス、あらゆるものがつながり、未来をひらく。」を表現したBITS2014のイベントコンセプトです。
注2:ユニシス研究会
日本ユニシスグループのユーザ会です。
商標、登録商標
  • BITSは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。