JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2014年8月13日

日本ユニシス・エクセリューションズ
3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister®」の
新バージョン V9.0を提供開始 〜 お客さまの声を反映し、「習得の速さ」「ストレスの軽減」「手戻りの削減」を目指して操作性を向上 〜

日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区、社長:今村 康、以下UEL)は、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister(キャドマイスター)」の新バージョン V9.0を2014年8月下旬から提供開始します。
   「CADmeister」は2005年7月に「CADmeister V1.0」として提供開始以来、国産唯一の3次元統合CAD/CAMシステムとして金型メーカーを中心に累計で30,000シート以上採用されています。お客さまの業務に直結する機能を、お客さまの声を元に開発することを基本コンセプトとしています。

今回リリースするV9.0では使いやすさをさらに追求し、3次元形状を作成する機能や製図、測定機能を刷新しています。これにより初心者でも直感的な操作で作業できます。また設計作業効率の向上のため、利用頻度の高いコマンドをポート上に常駐させるランチャー機能の導入、隠線や稜線の表示方法変更による視認性の改善を行いました。
  これらは前バージョンから引き続き「習得の速さ」「ストレスの軽減」「手戻りの削減」を目指した機能改善の一部で、今後も継続した改善を予定しています。

お客さまの業務に直結する機能としては、加工用データを作成するCAMシステムで加工効率と操作性を改善する機能を、樹脂金型設計を支援する機能としては金型内を流れる樹脂の温度や圧力を解析し成形時の不具合を事前に予測する機能を、またプレス金型設計を支援する機能としてはSTL図形を参照し材料特性を考慮した見込み変形モデリングを実現する機能を、それぞれリリースします。

UELは「CADmeister」V9.0について、既にCADmeisterを導入しているお客さまを含め今後1年間で約5,000ライセンスの出荷、約40億円の売上を見込んでいます。
  また今後も業界動向やお客さまの声を反映しながら「CADmeister」への機能強化を積極的に推進し、お客さまの国際競争力の維持拡大に向けた設計/生産業務のさらなる効率化に貢献していきます。

以上

商標、登録商標
  • CADmeisterは、日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。