JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2014年9月8日

ユニアデックス 
「Amazon S3」に対応した「クラウドバックアップ最適化ソリューション」を提供開始 〜 クラウドストレージとのデータ転送を最適化する、アプライアンスの活用 〜

ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)は、業務システムデータのクラウドバックアップ(注1)の需要拡大にいち早く対応するため、アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)のクラウドストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(以下 Amazon S3)」と、Riverbed Technology社のクラウドストレージゲートウエイ「Riverbed® SteelStore™(以下SteelStore)」を組み合わせた「クラウドバックアップ最適化ソリューション」を、本日から提供開始します。

通常、クラウドバックアップは、大量のデータをWAN経由でクラウド環境へ転送する場合、バックアップの設定時間内に終わらないケースがあるという課題を抱えています。さらに自社の業務システムデータをクラウド環境に預けることに対する、セキュリティ上の不安を抱える利用者が多いことも否めません。

ユニアデックスは、これらの課題を解決する新たな「クラウドバックアップ最適化ソリューション」をお客さまに提供し、高速で信頼の高いバックアップ環境を実現します。

「クラウドバックアップ最適化ソリューション」の特徴と効果は、下記のとおりです。

  1. 「SteelStore」のデータ重複排除技術により、クラウドストレージに格納するデータ容量を1/10〜1/30に最小化することができます。これにより、データ転送に必要な回線帯域を効率的に使用することが可能です。さらに、クラウド環境へのバックアップにもかかわらず、高速にバックアップ処理を完了することができます。
  2. 現在、最も堅固な暗号化方式の一つと言われているAES256ビットの暗号化機能を用いて、「SteelStore」から「Amazon S3」にデータを保管します。さらに「Amazon S3」への転送中データについても、SSL v3を用いて暗号化するため、データのセキュリティが向上します。
  3. リストアの際は、「SteelStore」に格納されたキャッシュからデータを読み出し可能です。これにより直近のバックアップデータは高速に復元でき、クラウド環境からの読み出しデータは最小限に抑制されるため、リストアにかかる時間とコストを最小化することが可能です。
  4. 「Amazon S3」との組み合わせにより、
    • オンプレミス環境にストレージ装置を設置することに比べ、容量単価を安価に抑えることができ、バックアップコストの削減効果があります。
    • バックアップテープの管理コストだけでなく、それに関連するオペレーションに対するコストなどのさまざまな課題を解消します。
    • お客さまサイトのサーバー・ストレージ環境において、事業継続に支障が起きる障害・災害が発生した場合に、「AWS」上にサービスとして用意されている「バーチャル版 SteelStore」を使用して、「AWS」上にデータを復旧させることができるため、「AWS」をDR(ディザスタリカバリー)サイトとして利用可能になります。

「クラウドバックアップ最適化ソリューション」の最小構成価格は、200万円(税別)からです。

ユニアデックスは、「クラウドバックアップ最適化ソリューション」を、関連ハードウエア、ソフトウエア、サービス全体で、今後3年間に10億円の販売を計画しています。

以上


「クラウドバックアップ最適化ソリューション」概要図

「重複排除」と「暗号化」を施したデータを「SteelStore」自身がもつことで、預けるデータ、リストアするデータ、のいずれをも最小限に抑えることが可能です。

「クラウドバックアップ最適化ソリューション」概要図

アマゾン ウェブ サービス(AWS)上での事業継続

万が一の事態には、AWS上に「バーチャル版 SteelStore」を立ち上げ、AWS上でデータ復旧し、事業継続が可能です。

「Amazon S3」について

AWSが提供するオンラインストレージサービスです。容量が無制限で、信頼性が高いことが特徴で、使用量に合わせて課金されるため、初期投資を抑制できます。

「Riverbed SteelStore」について

既存のバックアップ/アーカイブインフラストラクチャーとシームレスに統合できるSteelStore は、テープバックアップと一線を画すクラウドストレージアプライアンスで、データの保護にかかるコストを最大 80% 削減します。このソリューションは、拡張性やデータの永続性、従量課金制の料金体系というクラウドストレージのメリットを活用した上で、ローカル環境にもデータを保存することで高速なデータアクセスを実現します。

注記
注1:クラウドバックアップ

データの格納先として安価で信頼性の高いクラウドストレージを利用するバックアップ方式で、バックアップストレージのコスト抑制効果とともに、品質劣化を伴うテープメディアによるデータ保管に比べデータ保護レベルの向上を実現します。

商標、登録商標
  • Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon S3およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • Riverbed、Riverbed SteelStoreは、Riverbed Technology, Inc.の商標または登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連資料
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。