JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2014年9月25日

日本ユニシス・エクセリューションズ
大容量データを表示できるポリゴンビューワ無償提供開始 〜 編集前後のポリゴンデータを同期表示可能 〜

日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区、社長:今村 康、以下 UEL)は、ポリゴン(注1)データを表示するためのポリゴンビューワの無償提供を開始します。

昨今、非接触3次元計測器や3Dプリンターの普及に伴い、製造分野・医療分野・土木建築分野などでポリゴンデータを取り扱う機会が増えています。ポリゴンデータは容量が大きくなる傾向がありますが、既存のビューワでは大きな容量のポリゴンデータは扱えないのが現状です。

本ビューワは5000万フェースのポリゴンデータを表示することができます。(注2)また、本ビューワでは、データ編集前後のポリゴンデータを同期表示しながら確認することが可能です(下図参照)。

UELは今後もポリゴンデータ編集機能などポリゴン処理技術の研究開発を進め、製造業のエンジニアリング基盤の強化を図ると共に、医療や土木建築分野など幅広い分野で、ポリゴンデータを有効活用できる新しい技術基盤を創造することを目指します。

以上

注記
注1:ポリゴン

3次元コンピュータグラフィックスで、立体図形を表現するときに使用する多角形のことをポリゴンといいます。三角形や四角形などの微小な多角形を敷き詰めて、物体表面の形状を表現します。計測データの表現や3Dプリンターの入力には通常、計算のしやすさから、三角形の集まりが使われます。
UELは、ポリゴンデータを有効活用するための「簡略化(simplification)」・「スムージング(smoothing)」・「細分割(subdivision)」機能を備えたポリゴンデータ編集ソフトウェア「POLYGON EDITOR」を、2014年6月から提供開始しています。


注2:使用PCスペック
※5000万フェース単独表示の場合(当社テストによる)
CPU:インテル® Core™ i7 3.5Ghz メモリ:32GB OS:Windows® 7 64bit
商標、登録商標
  • インテル、Coreは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。