JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2014年10月9日

日本ユニシス
クラウド型タクシー配車システム「smartaxi®」に、
スマートフォン決済サービスを活用した新機能「クレジット決済」を追加 〜 1台のタブレット端末で配車からカード決済までを実現。吉野川タクシーで稼働を開始 〜

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)は、クラウド型タクシー配車システム「smartaxi」と、スマートフォン決済サービスを連携させ、一台のタブレット端末で配車からクレジットカード決済までを実現しました。このサービスは、吉野川タクシー有限会社(本社:徳島県徳島市、社長:近藤 洋祐氏、以下 吉野川タクシー)で、9月から稼働しています。

従来、タクシー事業者がクレジットカード決済の仕組みを導入するためには、専用端末の購入やクレジットカード会社との手数料率の交渉などが必要で、導入のための費用や手間がかかります。「smartaxi」の汎用的で拡張性の高いタブレットを車載端末として利用するという特徴を生かし、一般的なスマートフォン決済サービスを活用した新サービス「クレジット決済」を追加しました。このサービスにより、「smartaxi」のお客さまは、容易にクレジットカード決済の仕組みを導入することができます。一方、タクシー利用者にとっても、クレジットカードを利用した支払いができる機会が増え、利便性が向上します。

「smartaxi(スマートタクシー)」概要図

吉野川タクシーの車載タブレット

日本ユニシスは、2011年8月にsmartaxiを提供開始し、お客さまの要望に応じて新機能を追加しています。今後もタブレットとクラウドの特徴である汎用性と拡張性を活かした新サービスを追加していきます。smartaxiは、お客さまの声を取り入れながら、お客さまとタクシー利用者の利便性をさらに向上させるために進化を続けていきます。

以上

クラウド型タクシー配車システム「smartaxi(スマートタクシー)」

汎用的で拡張性の高いタブレットとクラウドを利用して、タクシー配車の仕組みを実現するシステムです。タクシー利用者から一番近い車輌を自動的に検索し、短時間(最短3秒)で配車を行います。従来のタクシー無線のように独自の基地局を持つことなく、タブレットと配車センター用のパソコンを用意するだけで、効率的な配車を行うことが可能になります。また、タブレットとクラウドを利用しているため、少ない初期投資と短い期間でサービスを導入することができます。

吉野川タクシー有限会社 http://yoshinogawataxi.com/

昭和43年9月設立。本社は徳島県徳島市。
『充たされる移動空間』を企業スローガンに掲げる創立45年目を迎えたタクシー会社です。『パーソナル通訳サービス』『会員制妊産婦送迎サービス』『ハイブリッドカー導入率65%』『クラウドタクシー配車』『スマートフォン配車アプリ』など、先進的なテクノロジーを用いて社会性の高いサービスを生み出し、低迷する地方のタクシー業界へインパクトを与えている。東京が拠点のITベンチャー会社『trippiece』と業務提携を行い、阿波踊り観光パッケージを販売したことが話題になりました。

商標、登録商標
  • smartaxi(スマートタクシー)は、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。