JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2016年3月28日

日本ユニシス、システム・テクノロジー・アイ
企業内教育をサポートする両社サービスの共同販売を開始 〜 USB型認証キー「SASTIK®」と学習管理システム「iStudy® Enterprise Server」を組み合わせ、
自宅などの社外からでもアクセス可能で、セキュアな研修環境を実現 〜

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)と株式会社システム・テクノロジー・アイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:船岡 弘忠、以下 システム・テクノロジー・アイ)は、企業での教育環境の効率化を実現するため、日本ユニシスのUSBメモリ型認証キー「SASTIK(サスティック)」とシステム・テクノロジー・アイの学習管理システム「iStudy Enterprise Server」の共同販売を4月1日から開始します。両社のサービスを組み合わせることにより、企業は、自宅などの社外からでも研修が実施可能な、セキュアな研修環境を実現できます。

昨今ワークスタイル変革に取り組む企業が増える中、自宅や出張先など働く場所は多様化しています。また、出産や育児、介護などで働く時間もさまざまで、オフィスでの一斉集合研修が非効率となるケースも増えることが予想されています。このような状況の中、企業では、どこからでも、いつでもセキュアな形で社員が充実した社内教育を受けることができる環境が求められていきます。

日本ユニシスが提供する、USB型認証キー「SASTIK」は、SSL暗号化通信により、安心・安全にクラウドコンピューティングを利用することができるUSBメモリ型物理認証キーです。SASTIK専用のブラウザー経由でアクセスし、終了時にはPCにデータの痕跡を残すことなく、閲覧データの証跡も自動消去されます。

システム・テクノロジー・アイが提供する「iStudy Enterprise Server」は、社員がe-ラーニング形式で研修受講ができ、さらに受講履歴を管理できる学習管理システムで、コンプライアンス研修から、営業の商品教育まで幅広い社員教育の実施に対応しています。

この両社のサービスを組み合わせ、ワンストップで「SASTIK」から、「iStudy Enterprise Server」に接続して企業内研修が受講できる環境を提供することで、自社のノウハウや新サービスといった機密事項が含まれた研修であっても、場所を問わず安全な環境で実施することが可能になります。

今後も日本ユニシスとシステム・テクノロジー・アイは、企業内研修の充実を目指すお客さまに対して、安心・安全なクラウドコンピューティングを両社のサービスを連携することで提供していきます。

【iStudy Enterprise Serverとは】

企業の組織に合わせた複雑な組織管理ができることに加え、独自の e-ラーニングコンテンツも簡単に作成することができます。システム・テクノロジー・アイが持つコンテンツも利用でき、大手金融機関などで多数の採用実績があります。

【SASTIKサービスとは】

専用のUSBメモリ型認証キー(SASTIKキー、記憶容量0MB)を挿すだけで(二要素認証を採用)、お客さまの社内で利用しているWebアプリケーションを活用できます。いつでもどこでも簡単に利用でき、セキュアな環境で業務を行うことができます。

以上

商標、登録商標
  • SASTIKは、株式会社サスライトの登録商標です。
  • iStudyは、株式会社システム・テクノロジー・アイの登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。