JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2016年11月21日

日本ユニシス
九州フィナンシャルグループの経営統合の一環として、肥後銀行、鹿児島銀行から受注した市場系システムが本格稼働開始 〜 地銀シェアNo.1のSiatolⓇシリーズで、両行の市場系プラットフォームを統合 〜

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:平岡 昭良、以下 日本ユニシス)は、株式会社肥後銀行(本店:熊本県熊本市、頭取:甲斐 隆博 氏、以下 肥後銀行)と株式会社鹿児島銀行(本店:鹿児島県鹿児島市、頭取:上村 基宏 氏、以下 鹿児島銀行)に市場系業務のSTP(Straight Through Processing)(注1)化を実現する次世代市場系統合管理システム「Siatol シリーズ(注2)」を導入し、このたび両行にて本格稼働を開始しました。

日本ユニシスの「Siatolシリーズ」は、市場系フロント・バック・ミドル機能を総合的に備えており、徹底したSTP化により、肥後銀行、鹿児島銀行の市場系業務の効率化や最適化を支援し、市場運用業務の強化を実現します。
また、既に肥後銀行、鹿児島銀行で導入済みの国際系システムと「Siatolシリーズ」の連携を強化しており、更なる業務効率化を実現しています。

なお、「Siatolシリーズ」のフィナンシャルグループへの導入は今回が初めてであり、経営統合による相乗効果の最大化に寄与できるシステムとして、今後もフィナンシャルグループ対応を含めた機能拡充を図っていきます。

当社では、両行での市場系システム稼働の実績をもとに地方銀行への「Siatolシリーズ」の販売体制を強化し、今後4年間で7億円の販売を目指していきます。
以上
注記
注1:STP(Straight Through Processing)

 業務プロセスの視点を重視し、意思決定から発注、決済、受渡しまでの一連の過程を、人手を介さずに全てを電子的に行います。

注2:Siatolシリーズ

 金融機関の市場関連部門で必要とされるフロント・バック・ミドル機能を網羅し、中核に「市場系統合DB」を配置し、資金証券業務全般をカバーする日本ユニシスの市場系システム群の総称です。

商標、登録商標
  • Siatolは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。