JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2018年1月31日

大日本印刷と日本ユニシス
いなげやのポイントカード「ing・fanカード」会員向けに
対象商品の購入で公式アプリからキャンペーンに自動応募できるサービスを開始 〜 2018年2月1日から、関東エリア136店舗で利用が可能に 〜

大日本印刷株式会社(DNP)と日本ユニシス株式会社は、流通・小売の会員向けサイトやアプリに、メーカー等が実施するキャンペーン情報を配信し、店舗への送客と対象商品の購入を促すID-POS連動キャンペーンプラットフォーム「スマートキャンペーン®」を株式会社いなげやに提供しました。
顧客情報と連動した購買履歴であるID-POSデータを活用した購買行動の分析を通じて、いなげやの店舗と連動した商品キャンペーンの最適化、会員の増加と定着、モバイルサービスと売り場の活性化などを支援します。
いなげやは「スマートキャンペーン」を活用し、自社のポイントカード「ing・fanカード(アイ・エヌ・ジー ファンカード)」会員用のスマートフォンアプリ「いなげや公式アプリ」で利用できるサービスとして、メーカー等が実施する商品キャンペーンに簡単に応募できる「ingスマートエントリー」を2018年2月1日に開始します。
【「ingスマートエントリー」の概要】
いなげやの「ingスマートエントリー」を利用したキャンペーンの実施を希望する企業といなげやは、ing・fanカード会員向けに「いなげや公式アプリ」にキャンペーン情報を配信します。会員はアプリ上で事前エントリーした後、関東エリアのいなげや136店舗で対象商品を買うだけで自動的にキャンペーンに応募できます。会員が購入証明を送付する負荷を軽減できるほか、実施店舗では顧客対応プロセスの変更や応募用紙の配布等を行う必要がありません。
■POS情報と連動して、スタンプがたまるキャンペーンのイメージ
★キャンペーン第一弾「会員限定!抽選で300名に1000ポイントプレゼント」(2月1日開始予定)の
詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。→URL : https://ingfan.jp/senews/
【「スマートキャンペーン」と販促効果分析サービスの特長】
DNPと日本ユニシスが提供する「スマートキャンペーン」は、会員の購買情報であるID-POSデータを商品の購買を条件とするキャンペーンに活用できるサービスです。レジ周辺などをキャンペーンに合わせて改修する必要がなく、店舗側の運用負荷を抑えて、「賞品プレゼント」「ポイント付与」などの多様なキャンペーンを実施できます。
日々のID-POSデータからの販促効果の分析が可能で、キャンペーン期間中の経過をもとに会員の購買実態に合わせて施策を変更することもできます。来店誘導に加え、店舗に対する会員のロイヤルティ(忠誠心)の向上施策など、企業や店舗と会員の良好な関係作りにつながります。
また、キャンペーンを実施するメーカーにとっても、地域に密着した店舗の会員が利用するアプリを通じて、適切なタイミングで購入の可能性が高い会員に告知することによって、キャンペーンの効果を高めることができます。
■キャンペーン効果の“見える化”の例
※「スマートキャンペーン」の詳細はこちら : http://www.dnp.co.jp/infosol/solution/detail/10121659_18793.html
【今後の展開】
DNPと日本ユニシスは、現在「ID-POS連動キャンペーンプラットフォーム『スマートキャンペーン®』」を
株式会社イズミの中国・四国・九州エリアのイズミグループ185店舗で展開、株式会社オークワの関西・東海エリアの162店舗で展開するなど、利用店舗・エリアを拡充しています。今後も、全国のさまざまな流通・小売業の店舗・エリアで顧客ロイヤルティを高める施策を支援していくとともに、メーカーのキャンペーンをより多くの店舗・エリアに配信できるプラットフォームとして事業を拡大させていきます。
以上
商標、登録商標
  • スマートキャンペーンは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
  • その他記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。