JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2018年2月5日

日本ユニシス実業団バドミントン部
「BADMINTON S/J LEAGUE 2017」で女子チーム優勝!

日本ユニシス株式会社実業団バドミントン部(注1)は2017年11月4日から2018年2月4日まで開催された「BADMINTON S/J LEAGUE 2017」において、女子チームが優勝しました。
日本ユニシス女子チームは、前年覇者の再春館製薬所との最終戦を3-0で制し、見事優勝を手にしました。S/J LEAGUEとなって初の栄冠、リーグ戦としては2年ぶり5度目の優勝となりました。

S/J LEAGUE初年度の昨シーズンは男女とも惜しくも優勝を逃し、今シーズンは優勝奪還に向け戦ってまいりました。ナショナルA代表の海外遠征が重なることで主力選手を欠く試合もあった中、チーム一丸となって戦い、手にした勝利となります。
また、昨年7月に開催された「第67回全日本実業団バドミントン選手権大会」では男女優勝を遂げており、女子チームにおいては国内団体戦の二大タイトルを完全制覇しました。
男子チームは最終戦でトナミ運輸に勝利しましたが、マッチ率でおよばず準優勝となりました。

なお、最高殊勲選手賞に、出場試合すべてに勝利した高橋沙也加、殊勲選手賞に遠藤大由・渡辺勇大組、栗原文音・篠谷菜留組、新人賞には内定者の五十嵐優、中西貴映が選ばれました。

今後も日本ユニシス実業団バドミントン部は、日本のバドミントン界を牽引し、世界で活躍できるトッププレイヤーの輩出を目指していきます。
以上
日本ユニシス実業団バドミントン部女子チーム
日本ユニシス実業団バドミントン部女子チーム
「BADMINTON S/J LEAGUE 2017」対戦結果
■女子チーム
第1戦 11月4日(土) 3-0 vs 山陰合同銀行
第2戦 12月23日(土) 3-0 vs ACT SAIKYO
第3戦 12月24日(日) 3-0 vs 七十七銀行
第4戦 1月14日(日) 3-0 vs NTT東日本
第5戦 1月21日(日) 1-2 vs ヨネックス
第6戦 1月28日(日) 2-1 vs 北都銀行
第7戦 2月4日(日) 3-0 vs 再春館製薬所
注記
注:日本ユニシス実業団バドミントン部
1989年 創部
2000年 シドニーオリンピック、男子シングルス日本代表選手を輩出
2004年 アテネオリンピック、男子シングルス日本代表選手を輩出
2005年 「日本リーグ」初優勝
2006年 国内団体戦の 2 大タイトル「全日本実業団選手権大会」・「日本リーグ」を完全制覇
2007年 女子チームを創設
2008年 北京オリンピック、男子ダブルス日本代表を輩出
2009年 「日本リーグ」男子チーム優勝、「日本リーグ2 部」女子チーム優勝
2010年 女子チーム「日本リーグ2009」入替戦に勝利し1 部昇格
2010年 「日本リーグ 2010」史上初の男女同時優勝を達成
2011年 「日本リーグ 2011」女子チーム2 連覇を達成
2012年 「全日本実業団選手権大会」男子チーム6年 ぶり2 度目の優勝
2012年 ロンドンオリンピック、混合ダブルス日本代表を輩出
2013年 「全日本実業団選手権大会」で男女同時優勝を達成
2013年 「日本リーグ2013」で史上2 度目の男女同時優勝を達成
2014年 女子チーム「第64 回全日本実業団選手権大会」で2 連覇達成
2015年 女子チーム「第65 回全日本実業団選手権大会」で3 連覇達成
2016年 「バドミントン日本リーグ2015」で3 度目の男女とも同時優勝を達成
2016年 リオデジャネイロオリンピック、男子ダブルス,女子ダブルス,混合ダブルス,女子シングルス日本代表を輩出、女子ダブルス優勝、女子シングルス第3 位、男子ダブルス5 位入賞、混合ダブルス5 位入賞
2017年 「第67回全日本実業団選手権大会」で2度目の男女同時優勝を達成

関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。