JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

1997年6月25日

日本ユニシス
内蔵RAID装置対応として最小クラスのPCサーバー「AquantaELS」販売開始

日本ユニシス株式会社(社長=石栗一民 東京都江東区豊洲1−1−1)は、ビジネス市場に向けたPC「AQUANTA(アクアンタ)」に、低価格でクライアント/サーバー・システム実現を可能とするミニタワー型PCサーバー「Aquanta ELS」を追加し、本日より販売を開始します。

 「Aquanta ELS」は、ホットスワップ対応RAID装置を内蔵できるエントリー・PCサーバーで、低価格ながら高い拡張性と信頼性をもち、リソース・サーバーやメール・サーバー、イントラネット・サーバーなどから、データベース・サーバー、トランザクション・サーバーまで幅広い用途に適しています。

 「Aquanta ELS」の主な特徴と仕様は以下の通りです。

  • ホットスワップ可能なRAID装置(オプション)を業界最小クラスのコンパクトな筐体(幅191mm×奥行き457mm×高さ400mm)に内蔵できます。
  • CPUに高速ペンティアム・プロ200MHzを搭載しています。(2次キャッシュメモリ256KB内蔵)
  • メインメモリにデータエラーの修正機能を持ったECC対応メモリ(32MB標準)を採用し、データの信頼性向上を図っています。
  • HDDはUltra SCSI WIDEタイプ2GBを標準搭載。最大24GBまで拡張が可能です。(4GB×6台、RAID装着時)
  • さらに、外付けRAIDキャビネット「Aquanta EC」(オプション)を接続することにより、内部・外部合わせて最大96GBの大容量HDD構成が可能です。
  • 12倍速CD−ROMを標準装備しています。

 OSはWindows NT Server 4.0に対応しています。

 「Aquanta ELS」の本体価格は、65万4000円。

 7月上旬より出荷を開始します。

商標、登録商標
  • 記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。