JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

1996年12月17日

日本ユニシス
ペンティアム搭載ノートPC2機種「Aquanta LN」、「Aquanta EN」販売開始

日本ユニシス株式会社(社長=石栗一民 東京都江東区豊洲1-1-1)は、ビジネス市場に向けたPC「AQUANTA(アクアンタ)」に、ペンティアムを搭載した高性能ノートPC 「Aquanta LN」2モデル、「Aquanta EN」4モデルを追加し本日より販売を開始します。

ライトウェイト・ノートPC「Aquanta LN」の主な特徴は以下の通りです。

  • 本体は厚さ39mmのレターサイズで重量約2.1Kgの軽量化を実現。高性能ながら携帯に適したサイズで提供しています。
  • CPUに高速なペンティアム133MHzを採用。2次キャッシュメモリにパイプライン・バーストSRAM(256KB)、チップセットには最新のモービル・トライトンを採用し処理の高速化を図っています。
  • SVGA対応11.3型TFTカラー液晶パネルを採用。携帯性を重視したノートPCながら見やすい大型画面を備えています。
  • オプションとしてワンタッチで着脱可能なベースステーションを提供。ベースステーションには6倍速CD−ROMドライブ、イーサネット・インタフェース、MIDI/ゲームポートなどのインタフェース拡張のほか、36mm径ステレオスピーカ+50mm径スーパーウ ーハスピーカも装備。接続時にはデスクトップ機並みの拡張性を持ち、マルチメディア機能を充実させています。
  • オプションとして本体内蔵28.8Kbps専用FAXモデムも提供。PCMCIAスロットを使用せずにモデム通信ができ、またDSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)対応のためハンズフリー通話なども可能です。

「Aquanta LN」の本体価格は46万8千円から。出荷開始は12月下旬を予定しています。
本機種は高機能なノートPCを実際に携帯しやすいサイズで提供しており、外出先でのビジネス・アプリケーション利用、インターネット接続などモバイルPCとしての利用に適しています。

エルゴノミクス・ノートPC「Aquanta EN」の主な特徴は以下の通りです。

  • エルゴノミクス(人間工学)デザインを採用し、操作性を向上させました。
    ◆オートチルト・キーボードを採用。LCDパネルを開くとキーボードが自動的に約6度傾斜し、ノートPCとは思えない操作性を実現しました。
    ◆電源スイッチを無くし、LCDパネルの開閉により自動的に電源の操作を行います。電源操作を意識させず、またシステムの起動時間も短縮できます。
  • CPUに高速なペンティアム133MHz/150MHzを採用。2次キャッシュメモリにパイプライン・バーストSRAM(256KB)を採用し処理の高速化を図っています。
  • グラフィックスアクセラレータに128bit対応のNeo Magic128Vを採用し、画像表示の高速化を実現しました。
  • PCカード・スロットは最新規格のZVポートに対応。対応PCカードの使用によりマルチメディア・データをシステムバスを経由せずにダイレクトに表示・再生できるため、高品位な動画・サウンドを利用できます。
  • APM(節電モード)機能の利用により最大約10時間のバッテリ稼働を実現しました。
  • オプションとして簡単に着脱できるドッキングバーを提供。イーサネット・インタフェースやMIDI/ゲームポートなどのインタフェース拡張のほか、持ち運ぶ際に面倒な外部機器接続ケーブルの取り回しを軽減します。
  • サウンドブラスター16互換サウンド機能を標準装備。本体に内蔵したスピーカでマルチメディア・プレゼンテーションに威力を発揮します。

「Aquanta EN」の本体価格は39万8千円から。出荷開始は12月下旬を予定しています。
本機種はノートPCとしては最高水準の性能をより優れた操作環境で提供する製品で、主に企業内のクライアントPC、およびマルチメディア機能を利用したプレゼンテーションなどの用途をターゲットとしています。

商標、登録商標
  • 記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。