JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

1997年4月1日

1997年4月1日入社式挨拶

日本ユニシス(株)社長 石栗一民

当社は、広く情報社会の発展に貢献し、情報産業分野においてリーディング・カン パニーとして、社会的責任を果たし、引いては日本の発展に寄与することを目的とし ております。

我々から、真にお客様の役に立つ技術なりシステムを提供していくことにより、お 客様と当社の間の強い信頼関係を築き上げていくことが必要であり、これを通じてお 客様と当社も共に発展していくことを願って努力しております。
この実現のためには、会社としての施策はもとより、社員一人ひとりの果敢な挑戦 が重要であり自らの価値を高め続ける努力が必要です。

入社にあたり、以下の三点を心にとめていただきたい。
第一に、倫理感を含め社会的責任を負い得る社会人になるよう日々研鑽を積んで欲 しい。何事も自分から働きかけていくことが大事です。
第二に、当社は社員の高い技術力によって成り立っています。皆さんも、それぞれ の部門でプロフェッショナルとなる意識を持って、日々、努力して欲しいと思います。
第三に、お客様の多様化、高度化する要望に応えるため、皆さんは常に広い視野に 立つとともに、先進の目を持って、お客様が本当に望んでいることは何か、私たちが 何を提供できるのかという“マーケティング・マインド”を早く培っていっていただ きたいと思います。

一日も早く当社の人材として育ち、皆さんの若さとバイタリティで、それぞれの業 務に果敢にチャレンジされることを大いに期待しています。 

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。