JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

1996年4月9日

日本ユニシス
オブジェクト指向分析設計用上流CASEツール「StP/OMT」販売開始

日本ユニシス株式会社(社長=石栗一民 東京都江東区豊洲 1-1-1)は、 オブジェクト指向分析設計の代表的方法論であるOMT法を支援する上流C ASEツール「StP/OMT(エスティーピー オーエムティー)」(Sof tware through PicturesTM / Object Modeling Technique)の販売を4月1 0日より開始いたします。

ソフトウェア開発の上流工程(システム分析、要求定義、概要設計等)の 出来栄えは、ソフトウェアのライフサイクル全体に大きく影響します。上流 工程を正確・高品質に遂行するためには、適切な方法論とCASE(Compute r-Aided Software Engineering)ツールの使用が肝要です。「StP/OMT 」はOMT法によるシステム分析とシステム設計を支援する上流CASEツー ルです。

「StP/OMT」は、日本ユニシスが提唱する「ClearPathソリューシ ョン・セット」の一翼を担う製品です。また「StP/OMT」は、日本ユ ニシスが提唱するソリューション構築体系「ASDF」における「情報ソリ ューション計画」の中での「アプリケーションの構築を支援するツール」の 一翼を担う製品でもあります。

「StP/OMT」の主な特徴は以下の通りです。

  • OMT法による分析設計の支援
  • 設計情報をビジュアルに作成・変更可能
  • 設計情報の一元管理と共有によるグループワーク支援
  • 使用者独自のカスタマイズが容易(文書作成など)
  • サードパーティ・ツールとの統合が可能(Interleafなど)
  • 稼動環境
    • ハードウェア:  ユニシスUSファミリ、SunSPARC
    • ソフトウェア:  日本語Solaris 2.4以降

「StP/OMT」の主要機能は以下の通りです。

  • OMT法に従って設計情報をダイヤグラムやテーブルとして作成・編集するためのエディタ機能
    •  (オブジェクト・モデル・エディ、動的モデル・エディタ、機能モデル・エディタなど)
  • OMT法に基づく設計情報間の整合性チェック機能
  • C++コード生成
  • 設計情報の一元管理と共有を支援するリポジトリ機能
  • 設計情報を文書として出力するための文書作成機能

「StP/OMT」の販売価格は、250万円(同時使用1ユーザ当り) です。3年間で100セットの販売を予定しております。

なお「StP/OMT」の開発元は米国Interactive Development Enviro nments社、総販売元はニチメンデータシステム株式会社です。

*「ClearPath」とは、現行システム資産の新世代業情報システムへの進化のシナリオです。「ClearPathソリューション・セット」とは、ClearPathの実現を支援するプロダクトとサービスの総称です。
*「ASDF(Advanced Solution Development Framework)」とは、企業の経営戦略実現に直結した、柔軟で進化できる情報システムの構築するためのフレームワーク(製品体系)です。

商標、登録商標
  • Solarisは、米国サンマイクロシステムズ社の商標です。
  • Software through Picturesは、米国Interactive Development Environments社の米国での登録商標です。
  • その他記載の社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。