新人研修

新人研修と、その後の長期的なOJTで、実践的な基礎力が身につきます。

新人研修

手厚い新人教育は日本ユニシスの伝統。出身学部を問わず、ICT業界で活躍する基礎固めを行います。

日本ユニシスでは、総合職として入社すると同期と共に新人研修を受講し、その後、配属が決まります。

新人研修では、はじめに約1か月間の「ビジネス研修」で会社に関する知識やビジネスマナー、プレゼンテーションのノウハウなどを学びます。その後の「IT研修」で、日本ユニシスの一員としてお客様にサービスやソリューションを提供するための、基礎的なIT知識を習得していきます。具体的には、コンピューターの仕組みやプログラミングの基礎、Web技術やデータベースなどを習得します。最後にプロジェクトメンバーの一員としてシステム開発を体験します。講師は、第一線で活躍する先輩社員や専門家がカリキュラム別に担当するため、SIer業界のトレンドや鋭いビジネス感覚を吸収する絶好の機会にもなっています。

新人研修を終える頃には、心強い同期との結束も生まれ、自信とやる気をもって配属を待てるほど成長していること間違いありません。

OJT

配属後は、約3年におよぶOJT。実務を通して目標を定め、先輩の指導のもと着実な成長を目指します。

新人研修が終わると各職場に配属され、OJTにより知識とスキルを定着させます。新入社員に対し1対1でOJTトレーナーがつき、日常業務を通じて、仕事の進め方や必要な技術・知識などを伝えます。また、新入社員の育成計画は組織長・トレーナー・新入社員の三者で定期的に見直し、より適切な育成に取り組んでいます。

またOJTと並行して、1年目の「フォローアップ研修」や、入社5年目までに受講する「義務教育コース」(「システム開発技術」と「プロジェクト管理」)によって、さらなる向上を目指します。このように集合研修およびOJTを通じて、新入社員をお客さまに貢献できるプロフェッショナルに育成します。

SR K.K.
公共第二事業部
ビジネス一部
2015年入社 文学部卒

SRの仕事のコツを覚えた新人研修。
現場に出て、実践度の高さを実感しています。

新人修の中で印象に残っているのは、ビジネス企画からプレゼンテーションまで一貫して体験できたこと。グループで協力して物事を進めていく、そのプロセスを知ることができました。複数の人と仕事を進める際に、避けなければいけないのがミスコミュニケーション。質問をしたり、メールを書いたりするとき、この話し方・書き方で正確に伝わるだろうか?と、確認する癖をつけることができました。現在、エアライン業界のお客様を中心に契約管理や製品のデリバリーなどの営業活動や新規事業の検討を行なっています。お客様や社内のSEとの打ち合わせの多い仕事ですので、研修時に身についた習慣が役に立っています。
また、文系出身の私が「なぜコンピュータは動くのか?」という初歩から丁寧に学べたことも良かったです。知識のおかげで、営業時や提案時に説得力が出ているように思います。
配属から2ヶ月ほど経った頃に、フォローアップ研修がありました。久しぶりの同期との再会では、早くも責任のある仕事を任されている話を聞くことができ、私も頑張ろうと大いに刺激を受けました。

SE Y.K.
金融システム第一本部
ビジネス推進部
2015年入社 外国語学部卒

文系出身からSEへ。
研修が私をプロフェッショナルに育ててくれました。

新人研修を通して、ICTの基礎であるOS、ハード、アプリケーション、ネットワークなどの知識を身につけることができました。 研修中、最も印象に残っていることは、自分でECサイトを構築したこと。入社時、プログラミング経験は皆無だったため、多くの失敗をしました。失敗には例えば、「全角スペースを入れてしまいプログラムが動かない」といったケアレスミスも含みます。スペースは半角でないといけないのです。見えないので気づくまでに悪戦苦闘しました。苦労した分、自分で作ったプログラムが動作したときは大きな達成感を得ました。また、先に失敗しておいたことで実務で気をつける点がわかり、今とても役に立っています。
現在はお客様である金融機関に常駐し、OAシステム基盤のメンテナンスやセキュリティインシデント発生時の初動対応の取りまとめなどを行っています。また、小中規模の開発案件にも参画しています。
配属当初は基盤業務に知識不足を感じていましたがフォローアップ研修で、基盤業務に必要なLinuxについて学び、これを解消することができました。時期に応じた教育がモチベーション向上につながっています。