人財育成

キャリア形成とライフステージの変化を考え、社員の成長をバランスよくサポートします。

キャリアデザイン施策

人財は会社の重要な資産(Asset)であり、
人財こそ会社発展の原動力である。

日本ユニシスでは、「人財は会社の重要な資産(Asset)であり、人財こそ会社発展の原動力である」という人財育成理念を掲げています。こうした理念のもと推進しているのが「キャリアデザイン施策」です。社員が中長期的に自身のキャリアの成熟と成長を実感でき、会社と社員双方の成長を実現することを目的としています。キャリアデザイン施策ではまず、現段階の社員一人ひとりの経験、実績、キャリア目標を把握し、そこから中長期的な目標、それを細分化した単年度の能力開発目標を設定します。こうしてできた育成プログラムを計画的に活用して能力開発と自己研鑽を行い、達成度をレビューするというサイクルになっています。
一連の流れをつくることで、社員一人ひとりのキャリア開発状況が可視化され、継続的な能力開発を可能にしています。

Camp(Curriculum for Ambitious Managers and Professionals)

4つの分野に分かれた研修プログラム。
ビジネスマンとしての基礎力強化を、
万全な体制でサポートします。

Campを直訳すると、「高い志を持ったマネージャとプロフェッショナルを育成するための人財育成プログラム」と表現できます。日本ユニシスでは、人財育成の最終的な目的は「企業理念実現への貢献」であり、より具体的には「企業戦略実行に必要となる人財の育成を図る」ことであると考えています。そのため、配属後の若手からベテランにいたるまで様々なキャリア層の社員それぞれに向けて、4分野の研修プログラムを用意しています。
若手の社員には『システム系』、『営業・マーケティング系』の2分野のプログラムがあります。ここには必須で受講する研修と、個別の目標に合わせて受講する研修が各種用意されており、職種上必要であれば、SR職がシステム系の研修も受けるという仕組みになっています。
また、中堅、ベテラン層に向けては『全職種共通』、『組織長・グレード別』という2分野のプログラムを用意しています。

Next Principal
新しいビジネスを創出できる人財へ。
実践型の人財育成プログラムが始動しています。

社員一人ひとりの確実な成長をうながす「Camp」のような取り組み以外にも、日本ユニシスでは「Next Principal」というプログラムを用意しています。
これは、コーポレートステートメント「Foresight in Sight」に象徴される、先見性と洞察力から新たなICTビジネスを創出できるイノベーション人財を育成するためのプログラムです。
約1年間、メンバーとなった社員が集い、新たなビジネスモデルに取り組むことが目的で、すでにここから日本ユニシスの新サービスや新商品が誕生しています。