JP/EN

 

Foresight in sight

ビッグデータ利活用

事例紹介

日本ユニシス株式会社 大量メールアーカイブ・検索システム

システム導入の背景

内部統制他コンプライアンスの観点から、メールを一定期間保存し、かつ、有事の際にすぐに検出できることが必須だが、増大するメールに対して従来システムでは対応困難になりつつあった。大量メールを、容易かつ拡張性を保持しながらアーカイブし、そのアーカイブから高速にメールを検索するシステム対応が急務であった。

利用イメージ

利用イメージ

効果

  • ジャーナルアーカイブ処理時間が、従来より1/2程度に短縮した。
  • 効率的・反復的な検索が可能となり、有事の際の対応時間短縮が可能となった。
  • 今後のデータ量増加に対しても、スケールアウトで容易に対応可能となった。

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。