JP/EN

 

Foresight in sight

クロノロジー型 危機管理情報共有システム 災害ネット

さまざまな業種業態に対応した実践的BCP支援ソリューション
災害記録をリアルタイムに時系列で管理。
シンプルさにこだわったクロノロジー方の情報共有ツールです。

災害ネットとは?

災害時の実態をよく考慮し、入力者の負荷軽減を第一に考えた情報共有システムです。
災害対策本部の業務は、正解のない意思決定の連続です。その意思決定を支えるのは、現場からの情報であり、これが全ての起点となります。しかし、災害時はそれぞれの部署が懸命に対応を行っている反面、タイムリーな報告を行う余裕がなく、全社・全庁的な情報共有は困難を極めます。
災害ネットは、リアルタイムに「入ってきた情報を、入ってきた内容のまま、入ってきた順番で」入力できる「クロノロジー機能」を備え、入力者の負荷軽減、効率を考え、シンプルで汎用性の高い防災システムです。

適用業態・災害記録 クロノロジー画面イメージ

業種・業態を問わず、さまざまな団体様でご利用いただけます。
災害情報を時系列に沿ってホワイトボードに書き出すという工程は、官公庁や地方自治体、ライフライン事業者、工場、病院、物流、その他民間企業など、どの団体でも一様に行っている作業です。
災害ネットは、この工程をそのままシステム化し、多種多様な業種・業態でも適用可能な汎用的なシステムです。
※クロノロジー :
各対策部の活動内容、気象情報、ライフライン状況、外部機関との連絡調整事項などのさまざまな情報を時系列で記録していくもの。(Facebookのタイムラインのようなイメージ。)

事例紹介

資料をご希望の方
機能の詳しい説明や画面イメージ、価格体系などの説明資料をご希望される方にお送りいたします。「お問い合せ」より依頼してください。

トピックス バックナンバー >

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。