JP/EN

 

Foresight in sight

決済関連サービス

日本ユニシスグループでは、キャッシュレス社会の実現という社会課題に対して、さまざまなパートナーと連携する「ビジネスエコシステム」を形成し、「バリューカード事業」、「モバイル決済サービス」、「決済連動マーケティング」、「国際ブランドプリペイド決済サービス」などを展開しています。

バリューカード事業

エンドユーザーがコンビニエンスストアなどでカードを購入したあと、店舗のレジで入金処理をしてから使用可能になるプリペイドカードの事業を展開しています。

カードの調達や店頭プロモーションから、システム運用やコールセンター運営までを支援します。

モバイル決済サービス

モバイル決済サービス「支付宝(Alipay®)」のペイメントサービスプロバイダーとして、支付宝(Alipay)決済サービスを提供しています。

またLINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE®」内にある決済サービス「LINE Pay®」においても、日本ユニシスがプラットフォームを提供しています。

決済連動マーケティング

日本ユニシスは大日本印刷と協業して、決済連動マーケティング分野に取り組んでいます。

決済連動マーケティングとは、店舗へと生活者を誘導する「販促・送客」、店舗での「決済基盤」、そしてバックオフィスでの「顧客管理」を有機的に連動させるビジネスプラットフォームです。
生活者の情報と決済情報(お買いもの行動の情報)を組み合わせて分析することにより、適切なコンテンツを適切な方法で適切なタイミングに提供し、効率的な販促、送客を実現します。

国際ブランドプリペイド決済サービス

国際ブランドプリペイド決済サービスとは

国際ブランドプリペイドカードとは、Visa、MasterCard、JCBなどの国際ブランドの加盟店で利用できる前払い(プリペイド)方式の電子決済サービスです。

全世界の国際ブランド加盟店で使うことができるうえ、クレジットカードのような審査が不要で年齢制限もないため、誰でも気軽に利用できる注目のサービスです。
日本ユニシスは、大日本印刷(株)と協業し、国際ブランドプリペイドの決済サービス導入・運用に必要な基本機能を共同開発し、カード発行会社向けにクラウドサービスとして提供を開始しました。
カードの製造・発行に加え、業務受託(BPO)サービス、決済連動マーケティングとも組み合わせたサービスをワンストップでお届けします。

国際ブランドプリペイドカードの利用イメージ

サービスの特長

  • 国際ブランドプリペイドのサービス導入・運用に必要な基本機能をクラウドサービスで提供します。
  • PCI DSS認証を取得したセキュア環境でデータを管理・運用します。
  • 複数ブランドに対応し、カード製造・発行、BPO、マーケティングと組み合わせて、ワンストップでカード発行会社を支援します。

関連サービス

*Alipayは、アリババグループホールディングリミテッドの登録商標です。

*LINE、LINE Payは、LINE 株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。