JP/EN

 

Foresight in sight

ソーシャルメディア対応 市場の声分析

TopicExplorer® 適用例

日用品メーカーA社の研究開発部門

【当初の課題 】
  • 「商品のトレンド理解」と「生活者の嗜好理解」について、開発担当者の経験や知識に依存していた。
  • 雑誌記事、消費者モニターから消費者ニーズを収集しており、時間と労力が掛かっていた。
  • 消費者意見を「継続的」、「定量的」に把握できていなかった。
【導入の効果】
  • 消費者のニーズ変化を把握するための、消費者意見の「鮮度」、「情報量」、「スピード」が向上した。
  • これからのトレンドを予測できるようになった。
  • 消費者を集めて意見をうかがう、「消費者モニター」の回数が減り、コスト削減にも貢献。
【ツールの評価】
  • 分かりやすい操作性で分析スキルが高くない人でも使える。
  • 個人で消費者意見の分析ができるので、マーケティングスキルが向上した。
研究開発部門

大手小売業B社の商品企画部門

【当初の課題 】
  • 自社Webコミュニティに寄せられる消費者の声を活用したい。
  • 少ないスタッフで多量の文章を読み込む必要があり、定常的に内容を把握することが難しかった。
【導入の効果】
  • 商品の想定していなかった利用シーンが見つかり、キャッチコピーの改善に役立った。
  • 消費者の声を定量的に把握できるようになり、企画書の説得力が増した。
  • 消費者の声を少人数で素早く確認できるようになり、コスト削減につながった。
商品企画部門

業界市場の調査・分析コンサルティングファームC社

【当初の課題 】
  • 消費者アンケートの自由回答欄を読者にわかりやすい形でレポート化したい。
  • 流行りのソーシャルメディアを分析することで、より一般の消費者に近い意見を、いち早く把握したい。
【導入の効果】
  • 視覚に訴えるレポートを作成できるようになり、その価値が高まった。
  • 新商品やCMの反響を素早く把握できるようになった。
【ツールの評価】
  • テキスト分析の専門知識がなくても手軽に扱えるツールである。
  • 直感的な表現で文章に書いてある内容を”見える化”してくれるので分かり易い。
業界市場の調査・分析

*TopicExplorer、TopicStationは日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。