JP/EN

 

Foresight in sight

顧客の声分析 CVPro® シーブイプロ

顧客行動の「過去」「現在」を分析し、深層まで把握する。より顧客志向のマーケティングを可能とします。

顧客の「声」を活用して顧客の離脱防止を支援

顧客は、企業の行動(新商品発売等)、外的な話題(BSE、リコール隠し等)、顧客自身の環境変化(結婚、出産等)により企業へのコンタクト内容、購買行動を変えてきます。また、インターネットや携帯での問合せ等も多くなり、企業からの回答も即時的な対応が求められています。このような顧客の変化を知り、その変化に対しタイムリーな対応することが企業に求められており、「勝ち組」企業はこのような対応を日々進化させております。
CVProは、顧客からの「声」(苦情、要望、問合せ、感謝)とこれに伴う「調査・回答」及び顧客への「返答(返信/連絡)」を蓄積、顧客対応をより良くするナレッジデータベースを構築、顧客満足度を向上させて顧客の離脱防止を支援します。
また、蓄積された顧客の「声」の変化、顧客離脱の原因を知ることで各現場の業務改善、顧客/商品/プロモーション等のマーケティング活動を支援します。
「声」の変化を知る
「声」の変化を知る
「声」の内容を知る
離脱の原因を知る
離脱の原因を知る

顧客の「声」は企業経営に役立ちます

顧客の「声」は企業経営に役立ちますか?
顧客の「声」を管理して何の効果があるのですか? 顧客の「声」ってマーケティングに活用できるのですか?等々色々言われています。また、昔から「苦情を言う顧客は良い顧客」と言われていますが、本当でしょうか?
今、企業はなぜ顧客が自社から他社へ移ったのかの原因が判らず悩んでいます。ダイレクトマーケティングビジネス(BtoC)でも購買履歴データを分析することにより顧客のLTV(Life Time Value)、購買可能性の高い顧客の予測はできるようになってきましたが、顧客の離脱理由を客観的に知ることは出来ませんでした。そこで注目されたのが、顧客の「声」と顧客行動とに関連性があるのではないか!との仮説です。
顧客の「声」は企業経営に役立ちます
顧客の「声」は企業経営に役立ちます。(宝の山です)
数多くの企業のデータを分析した結果、顧客の「声」が企業経営に役立つことを科学的に実証しました。
  • 苦情を言う顧客は良い顧客です。
  • 顧客が離脱する理由も判りました。
  • 業務改善により顧客サービスがよくなり、顧客維持率が上がりました。
  • 新商品/サービス企画ができ、業績が上がりました。

*CVProは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。